サービス

Future of Workforce

医療スタッフのこれからの働き方サービス(医療機関における勤務環境・働き方関連)

デロイト トーマツ ヘルスケアでは、これまでの業務実績を基にした日本の医療機関に対する深い知見と、世界各国のヘルスケア業界ならびに多くの他業界にサービスを提供しているデロイト グループの知見をフルにかけ合わせて、日本の医療機関や自治体等のために、海外や他業界で多く用いられている、人材を引きつけ残ってもらうための幅広い取組みの展開の支援を積極的に提案します。

デロイト トーマツ ヘルスケアの考える働き方改革

働き方改革という言葉がバズワードになっているところではありますが、詰まるところ、医療スタッフが働きたい病院にならなければ、物事は良い方向に好転してきません。このことについて、外部(国外、国内)の知見や、他業界の常識等を踏まえながら、十分に検討・行動して良い病院にしていくことを考えることが本当の意味での働きたい職場づくりになっていくのだと考えます。

 

デロイト トーマツ ヘルスケアにおけるFuture of Workforceサービスの考え方
※クリックで拡大

医療スタッフのこれからの働き方サービスの特徴

まず、何をしたら医療スタッフが持続的にかつ高いモチベーションを持って働けるのかについての徹底的な理解

問題の所在を理解せずに、施策を打ったところで、適切な効果が得られるとは限りません。医療スタッフが持続的にかつ高いモチベーションを持って働くことを通じて、組織力の向上や組織の活性化をもたらすような働き方の改革という観点から、中立的な経営的、現場的な立場で戦略面、業務面、ICT面、人事運用面、コミュニケーション面等、幅広く問題の所在を整理し、優先的に取り組むべき打ち手の検討に活用できる独自のツールを用いて、整理された問題点に焦点をあてて改善を促し、実効性のある解決策の提供を目指します。

 

海外/他業種の当たり前を活かした、一歩先の取り組み

医療人材を引きつけることが難しいのは、海外でも同じことです。また、優秀な人材を引きつけることは、他業界でも同じことです。多くのヒントを活用し、日本の医療機関の特殊性を踏まえながら整理、展開することは、有益な場合も多くあると考えます。

デロイト トーマツ ヘルスケアのサービス

地域医療の主要課題である以下の領域において包括的なサービスを提供します。

デロイト トーマツ ヘルスケアのトップページへ

プロフェッショナル

竹内 友之/Tomoyuki Takeuchi

竹内 友之/Tomoyuki Takeuchi

有限責任監査法人トーマツ パートナー

公認会計士  診療情報管理士  医療機関だけでなく自治体、大学、健康保険組合、企業、金融機関などヘルスケアインダストリーを取り巻く各ステークホルダーに対して、経営戦略・事業計画の策定及び実行管理、M&A支援、個人情報保護対策などのコンサルティング活動に従事。 主な著書に『最新テーマ別解説 病院経営』(共著:清文社)、『病院会計の実務』(共著:清文社)、『社会医療法人の会計と開示』(共著:清文社)、... さらに見る