ナレッジ

Chemistry4.0 Vol.2 ~Circular Economy × Plasticsにおける欧州の現在地~

化学業界向けNewsletter「扉」特別号

Chemistry4.0 Vol.2 ~Circular Economy × Plasticsにおける欧州の現在地~

SDGs、サステナビリティ、Circular Economy(以下CE)といった言葉が躍る昨今、素材・化学メーカー各社においてもCSRとしての取り組みから、経営戦略としての取り組みにシフトする動きが強くなっています。本ニュースレターでは、CEの取り組みで先行している欧州と、“悪者”として扱われることの多いプラスチックに焦点を絞り、欧州における「CE×プラスチックの現在地」について論じました。

欧州の様々な立場の有識者を対象に行ったインタビュー(*COVID-19蔓延前)を足掛かりとして、前半部分では、「CEが欧州で推進されている背景」、「欧州が考える「CE×プラ」の定義」を整理しました。後半部分では、先進的な取り組み事例も踏まえつつ「有望なソリューション」、「推進要件」について考察しております。

(Process Sector Newsletter「扉」特別号 2020年7月発行)

【目次】

1. CEの文脈でプラスチックが注目される理由

1.1 はじめに

1.2 なぜこれほどまでにプラスチックが悪者扱いされるのか


2. 本レポートのスコープ - 対象地域と視点

3. 欧州の現在地を紐解く論点の検証

3.1 論点①:欧州がCEの取り組みを進める理由とは? 5

3.2 論点②:欧州が考える「CE×プラ」の定義とは? 10

3.3 論点③:欧州が「CE×プラ」で本命と位置付けるソリューションとは?

3.4 論点④:欧州が考える「CE×プラ」の取り組み推進のための要件とは?

4.おわりに

※ Process Sector Newsletterをご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?