サービス

コスト構造変革設計~実行(Strategic Cost Transformation)

企業の成長ステージやビジネスモデル変革に合わせ、組織全体のコスト構造を再構築する

昨今の環境変化による不確実性の高まりに伴い、企業は単純なコスト削減だけではなく、事業成長を実現する持続可能なコスト構造の再構築を求められています。デロイト トーマツ グループは、企業がコスト構造の新たなターゲットを設定し、そのコスト構造への転換を進めるために必要となる施策を特定し、施策を実行する、一連の構造改革を一気通貫で支援します。

Strategic Cost Transformationの検討アプローチ

Strategic Cost Transformation(SCT)とは、(1)コスト削減対象選定、(2)資産圧縮・コスト削減戦略、(3)持続的なコスト構造改革の3つのプロセスで構成される、企業の成長ステージや事業戦略に合わせた、組織全体のコスト構造再構築への取り組みです。

(1) コスト削減対象選定

企業の持つオペレーション機能、置かれている環境を踏まえ、企業が再構築または削減すべきコスト要素を選定します。

(2) 資産圧縮・コスト削減戦略

短期的なマーケットシェア縮小に伴う収益減少等、喫緊の課題に対するコスト削減だけでなく、長期的な視点での、コスト競争力向上・コストシナジー改善等によるビジネスの安定化、および企業戦略の実現、更なる収益拡大に向けたケイパビリティ強化を行います。

具体的には、デロイト トーマツ グループで定義する6つの取り組み(Six Levers)を用いて、コスト構造の筋肉質化を目指します。

(3) 持続的なコスト構造改革

一過性のコスト削減施策だけではなく、継続的な削減効果を創出可能な企業としてのコスト構造自体を見直します。

資産圧縮とコスト削減に向けた6つの取り組み(Six Levers)

デロイト トーマツ グループの提供するSCTサービスでは、資産圧縮とコスト削減に向けて必要となる6つの取り組み(Six Levers)を定義しています。本取組みの対象となる科目は、資産圧縮では子会社株式・土地・建物、コスト削減では、人件費・直接材・間接材であり、これらに対してコスト構造の筋肉質化を目指します。

6 Levers of Strategic Cost Transformation

プロフェッショナル

高砂 哲男/Tetsuo Takasago

高砂 哲男/Tetsuo Takasago

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

大手エレクトロニクス企業、外資系コンサルティングファーム戦略部門パートナーを経て現職。 事業戦略・M&A推進の他、企業変革の全体像策定や構造改革プラン策定・実行領域で、15年以上のコンサルティング経験を有する。 また事業会社に出向しハンズオンで企業変革を支援した経験も有し、企業変革・ビジネスモデル変革をプラン策定から各種制度策定・実行までEnd to Endで支援している。   関連するサービス:... さらに見る

神山 友佑/Yusuke Kamiyama

神山 友佑/Yusuke Kamiyama

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

抜本的な産業構造変革期を迎える日本企業に対し、資本再編を用いたビジネスモデル変革の専門家として、またSeparation(分離) & Integration(統合)など組織再編の専門家として、初期的な構想策定から実務設計・実行までの諸課題全体を取りまとめる。 近年は特にM&Aのみならず、CX(Corporate Transformation)を起点とした企業変革に力点を置き、事業構造改革、意思決定... さらに見る