調査レポート

Deloitte Cyber Trends & Intelligence Report 2022

二重恐喝ランサムウェアの脅威動向とアタック・サーフェスマネジメントをご紹介

国家間の緊張が高まり地政学リスクが高まる中、ランサムウェアによる被害は拡大。取引先がランサムウェア被害に遭うことで自社への影響を懸念するサプライチェーンリスクに関する議論も活発化してきました。本レポートでは二重恐喝ランサムウェアの脅威動向をお伝えすると共に、昨今サプライチェーンリスクの観点でも注目を集めているアタック・サーフェスマネジメント (ASM - Attack Surface Management) をご紹介します。

本レポートの構成

ASMやSOAR (Security Orchestration, Automation, and Response) といった新しいソリューションを含め、本レポートで取り上げておりますデロイトのCIC (Cyber Intelligence Center) における実績や効果的な運用方法に関する情報が、みなさまのセキュリティ対策立案の参考になれば幸いです。
 

  • ランサムウェア脅威の動向
  • ランサムウェア対策とAttack Surface Management
  • セキュリティ機器では発見できないWebアプリケーション機能に対する不正操作の監視
  • SOAR運用の舞台裏 ~セキュリティ運用のコード化~
  • EDRとネットワークログを活用したインシデントの可視化


詳細はPDFをダウンロードください。

※ダウンロードにはご登録が必要となります。
※ご登録フォームは株式会社シャノンのサービスを利用しています。ご記入いただく内容はSSL暗号化通信により内容の保護を図っています。

サイバーリスクサービスのお問い合わせ

サービス内容、並びに、取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記フォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。 

>> オンラインフォームよりお問い合わせを行う <<

お役に立ちましたか?