サービス

労務リスクマネジメントサービス

グループの労務リスク管理の備えは万全ですか?

労務リスクとは、企業の「ヒト」にまつわるリスクを指します。長時間労働対応~ハラスメント・メンタル休職者対応など、その範囲は多岐に渡る他、「ヒトの感情」に起因して問題が顕在化するケースが多いため、対応を誤ると、労基署通報・訴訟提起など、大きな問題に発展する可能性があります。そのため企業にとって労務リスクマネジメントが必要不可欠な取り組みとなっています。

労務リスクとは?

労務リスクとは、企業の「ヒト」にまつわるリスクを指します。長時間労働対応~ハラスメント・メンタル休職者対応など、その範囲は多岐に渡る他、「ヒトの感情」に起因して問題が顕在化するケースが多いため、対応を誤ると、労基署通報・訴訟提起など、大きな問題に発展する可能性があります。

  • 長時間労働対応
  • 労使間のトラブル対応(訴訟対応)
  • 労基署調査への対応
  • 未払残業代対応
  • 労働法改正への対応
  • ハラスメント対応(セクハラ・パワハラ等)
  • メンタル休職者の対応   など

 

労務リスクマネジメント強化の背景

近年、“長時間労働対応・働き方改革”、“同一労働・同一賃金対応”など、労務リスクマネジメントへの関心が高まっています。背景には、労働人口の減少やコンプライアンスに対する社会的関心の高まり等から、企業が必要な労働力を確保し、持続的に成長していくためには、労務リスクマネジメントが必要不可欠な取り組みとなっていることがあげられます。

 

企業の労務リスクマネジメントの実態

現在多くの企業で、長時間労働の削減など、働き方の見直しに向けた取り組みが行われています。しかし近年、労働者側でも権利意識の高まりが進んでいることもあり、労使トラブルが顕在化するケースが増加しています。特に、全国に点在する営業所や工場、グループ会社、及び海外拠点では、本社では考えられない様なルールが設定・運用されているケースがあり、大きなリスクとなっています。今まで何も起こらなかった企業でも、明日は我が身・・・かもしれません。

そこで、デロイト トーマツでは企業活動の様々な局面で生じる労務リスクに対して、貴社ニーズに合わせたサービスを提供します。

 

デロイト トーマツの労務リスクマネジメントサービス(例)
デロイト トーマツの労務リスクマネジメントサービス(例)
※画像をクリックすると拡大表示します
デロイト トーマツのアプローチ(例)
デロイト トーマツの労務リスクマネジメントサービス(例)
※画像をクリックすると拡大表示します

デロイト トーマツの強み

リスク管理の専門家集団として、実務に即した解決策のアドバイスを行います

製造業、建設業、情報通信業、小売・サービス業、卸売業、金融業、人材派遣業、国公立私立学校法人、病院など、様々な業種・規模の企業へのサービス提供実績をもとに、実務に即した問題解決策をアドバイスします
 

労務リスク軽減に向け、現状分析~ルール整備~業務/IT改革~運用・定着まで、一気通貫でアドバイスを行います

労務管理のサービス提供はもとより、組織人事戦略構築・業務改善・ITシステム改革・内部監査・労働法務等の各種専門家が一体となってサービス提供を行うことで、現状分析~運用・定着まで、一気通貫で貴社の労務リスクマネジメント体制の整備をサポートします
 

Deloitteグループの国内・海外ネットワークを活用し、貴社グループ全体の労務リスクに対応します

国内・海外のDeloitteグループのリソースを活用することで、貴社グループ全体の労務リスクマネジメント強化を全面的にバックアップします

 

労務リスクマネジメントに関するご質問や詳しい資料をご要望の場合は、以下のフォームよりお問合わせください。

≫ お問合せフォーム ≪

プロフェッショナル

杉山 雅彦/Masahiko Sugiyama

杉山 雅彦/Masahiko Sugiyama

有限責任監査法人トーマツ パートナー

主に製造業、商社、金融機関、小売業を対象としてガバナンス、リスクマネジメント体制構築、内部統制体制、内部監査構築のプロジェクトをリードしている。近年は、グローバルガバナンス体制構築、業界特有の法令等の対応支援等のクロスボーダープロジェクトをリードしている。 主な著書:「内部監査実務ハンドブック」(中央経済社 2013年)「内部統制実践ガイド [新制度対応版]」(ダイヤモンド社 2005年)... さらに見る