Audit Analytics

サービス

アナリティクスによる拠点不動産戦略アドバイザリー 

~データサイエンス×不動産戦略~

人口動態等のデータに対してアナリティクスを活用することで将来のシナリオを策定し、不動産の専門家の知見と掛け合わせることで戦略策定・実行までをサポート

人口減少社会における拠点不動産戦略の課題

我が国の人口は現状の減少ペースが続けば2053年に1億人を割り込むと予想され(2017年4月11日日本経済新聞報道より)、人口動態を踏まえた企業の戦略の見直しは今後必要不可欠です。

インターネット企業などとの競争激化を背景として、流通企業の中には減収が続く地方や郊外の店舗を閉鎖し、大都市の店舗へ経営資源の集約を発表する動きも見受けられます。一方でAIやアナリティクスを活用したキャッシュレス店舗が店舗数を拡大するなど企業における実拠点の重要性は未だ失われてはいません。

今後のさらなる少子高齢化およびそれに伴う相続の発生により、人口動態と住民所得は県ごと、地域ごとに大きく異なるため、不動産戦略を見直す上で、対象となる不動産を取り巻く将来推計が何より重要になります。

 

拠点不動産最適化のためのワンストップサービス

将来を見据えた拠点の進出・撤退戦略を策定するため、データサイエンティスト、公認会計士、不動産鑑定士、一級建築士、ビジネスコンサルタント等、各種専門家が以下の業務を提供します。

拠点不動産最適化のためのワンストップサービス
※画像をクリックすると拡大表示します

実行プロセス全体イメージ

各社の中期経営計画を踏まえた現状分析から個々のエリア、営業店ごとに将来推計を行い、シミュレーションを提示します。

実行プロセス全体イメージ
※画像をクリックすると拡大表示します

拠点の現状収支分析のイメージ

会計の観点から、 P/L要素を将来推計が可能なレベルまで分解し、人口動態などの将来推計値がどの要素に影響を及ぼすかについて分析を実施します。

拠点の現状収支分析のイメージ
※画像をクリックすると拡大表示します

将来シミュレーションイメージ

当該エリアにおける潜在ターゲット人口(属性、所得)と企業が保有する顧客分布の関係を明確にし、最適なエリアマーケティング戦略立案をアドバイスします。

将来シュミレーションイメージ
※画像をクリックすると拡大表示します

各拠点の収支シミュレーションの検討例

現状分析を基に試算した収支シミュレーション、および賃貸を実施した場合の収支シミュレーション双方を試算し、貴社の意思決定の材料を提示します。

各拠点の収支シュミレーションの検討例
※画像をクリックすると拡大表示します

拠点不動産戦略オプションのイメージ

不動産の最有効使用に基づき有効活用案を検討します。

拠点不動産戦略オプションのイメージ 施設構成の例
※画像をクリックすると拡大表示します
拠点不動産戦略オプションのイメージ
※画像をクリックすると拡大表示します

デロイト トーマツ グループでのワンストップサービス

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社や、その子会社であるデロイト トーマツ PRS株式会社との連携により、拠点統合等の戦略策定からその実行までワンストップでのサービス提供も可能です。

デロイト トーマツ グループでのワンストップサービス
※画像をクリックすると拡大表示します

リスクアドバイザリー 新規事業推進の関連情報

最新のナレッジやサービス事例を探す

リスクアドバイザリー 新規事業推進に関するお問い合わせ

サービス内容等に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

オンラインフォームより問い合わせを行う

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

プロフェッショナル

桑原 大祐/Daisuke Kuwabara

桑原 大祐/Daisuke Kuwabara

有限責任監査法人トーマツ パートナー

有限責任監査法人トーマツ パートナー。大手金融機関においてデリバティブディーリング、市場リスク管理、ALMを担当の後、大手監査法人系コンサルティング会社を経て現職。リスク管理とデータアナリティクスの両分野で、金融機関に対するコンサルティングに従事。米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校経営学修士(MBA)。... さらに見る