サービス

SAP S/4HANA 「Analytics First」のご紹介

デジタル変革を成功に導くデータ活用のために

「Analytics First」とは、従来の基幹システム導入後にデータ収集・分析を開始するアプローチと異なり、SAP S/4HANAへの完全移行を待たずにAnalyticsを開始するDeloitte独自のアプローチです。SAP S/4HANAへの移行には長期間を要しますが、Analytics Firstにより短期間でインサイト(洞察)を導き、データモデル品質の向上やビジネス価値最大化が可能となります。

「従来のERP Firstアプローチ」と「Analytics Firstアプローチ」の違い

  • 従来のERP Firstアプローチでは、業務オペレーションを司るERP(基幹システム)を導入後、DWHにデータを蓄積しレポーティングを行うことが多く、結果として、定量的な数字は見ることができるものの、単なる既存レポートの置き換えであったり、見たいデータを参照できず使い勝手が悪く“使われない”といったケースが多くありました。
  • 一方で、2025年のECC6.0のサポート終了を契機に、業務オペレーションを司る基幹システムの多くは、SAP S/4HANAへ置き換わることが予想されます。デジタル変革を見据え、日々生み出される膨大なデータの中から、何の目的で、何を見える化し、そこから何を分析し、どのような示唆を経営に繋げていくかが重要となります。
  • Analytics Firstは、SAP S/4HANAへの完全移行とは切り離し、SAP HANAの持つインメモリの利点を最大限活用し、まずは既存データを有効活用しながらAnalyticsを開始するアプローチです。
従来のERP Firstアプローチ
画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます

「従来のERP Firstアプローチ」でデジタル変革を進める場合の主な課題

  • デジタル化のビジョン・戦略が不明確なまま移行・導入が開始され、SAP S/4HANAへの移行・導入自体が目的化してしまい、結果として最新ソリューションが有効活用されない。
  • SAP S/4HANAへの移行・導入に時間を要し、デジタル変革が先送りされ、導入ソリューション自体が陳腐化し、結果としてインサイト(洞察)が遅れてしまう(見たいデータを参照できない、結果として使われない等)。
  • アーキテクチャの再構築に合わせ、デジタル変革を継続的に実現する組織・人・プロセス・インフラが実装されず、デジタル変革が停滞してしまう。
「従来のERP Firstアプローチ」でデジタル変革を進める場合の主な課題
画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます

Deloitteが提供する「Analytics First」 による導入アプローチ

Analytics Firstは、SAP HANAのインメモリデータベースの登場により、これまでの基幹システムを稼働させてから、後付けでレポート分析設計を行うアプローチではありません。2025年問題を踏まえて、SAP S/4HANAへの移行・導入を検討している企業がほとんどと推測されますが、まずは、既に本番運用されているレガシーシステムからEAPへデータを連携し、「データそのものの信頼性の確認」や、「意思決定に資するデータ分析が実施できるか」の観点でS/4HANAへの移行作業とは切り離すアプローチです。

Deloitteが提供する「Analytics First」 による導入アプローチ
画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます

Analytics Firstにより享受できるメリット

SAP S/4HANAへ移行前に「Analytics First」を適用することは、短期間でインサイト(洞察)を生み出すとともに、データ処理やAnalytics能力向上を加速させ、高度なAnalyticsと機械学習等を融合する基礎となるデータを一早く整備することが可能となります。

Analytics Firstにより享受できるメリット
画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます

プロフェッショナル

石綿 眞亊/Makoto Ishiwata

石綿 眞亊/Makoto Ishiwata

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

クロスボーダー案件を中心に15年以上のコンサルティング経験を持つ。特にコンシューマービジネス、保険、 ライフサイエンス業界に対してDigital Transformationをテーマにした案件に従事している。ERP導入においては基本構想、導入、保守運用までプロジェクトをリード。SAP社とのアライアンス担当。   関連するサービス: ・SAP(ナレッジ・サービス一覧はこちら) >> オンラインフォー... さらに見る

関川 秀一郎/Shuichiro Sekikawa

関川 秀一郎/Shuichiro Sekikawa

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

外資系SIer及び国内ITコンサルティング会社を経て現職。20年以上のIT経験を有し、業界を問わず様々な企業の基幹業務システム導入に関与。特にテクノロジー領域のコンサルティングに強みを持つ。 代表的なプロジェクト ・SAP基幹業務システム導入 ・全社ITインフラ刷新、ITグランドデザイン立案 ・AI/IoT等の先進テクノロジーリサーチと新規事業開発   関連するサービス: ・SAP(ナレッジ・サー... さらに見る

関連サービス

SAP

デロイトはSAPのグローバルパートナーとして30年間にわたりSAPコンサルティングを提供しています。20ヵ国で170件以上の旧SAP ERP、SAP S/4HANA、SAP SuccessFactors等の導入実績をもとに、クライアントのデジタル変革の推進を、戦略策定から導入・保守・運用までEnd-to-Endで支援します。

SAPトピック一覧はこちら