Posted: 27 Aug. 2021 4 min. read

平等(Equality)よりも公平(Equity)を ~左利きの日に考えるDiversity, Equity & Inclusion (DEI)~

シリーズ: Diversity, Equity & Inclusion

*Click HERE for English version.

何かが少しずつ不便である、ということ

あなたは右利きだろうか、左利きだろうか。統計的には、世界人口のうち10%前後が左利きとされているので、このブログを読んでいただいている皆様の中にも左利きの方がいらっしゃるだろう。8月13日は世界的な「左利きの日」である。<右利き用だけではない、誰もが安全に使える道具>について各種メーカーに対して呼びかけることを目的に提唱・制定されたものだ。

改札、ハサミ、缶切り、スープ用のおたま、PC用マウス、ギターなどの楽器、電源ボタンの配置……右利きの人が意識する機会は少ないが、世の中の多くのものは、マジョリティである右利きに合わせて作られている。近頃は様々な左利きグッズが販売されてはいるが、それも「ありふれたもの」ではなく特別仕様に近いものであり、左利きの人々にとっては依然として「何かが少しずつ不便な世の中」であることには違い無い。

平等(Equality)と公平(Equity)

「何かが少しずつ不便」という状況は、作業効率にも少なからず影響が及ぶ。例えば、右利きのAさん・Bさん、左利きのCさんに対して、何らかの作業のために同じハサミが配られたとする。形だけを見れば、全員が物理的・機会的には平等にハサミを与えられたことになるが、それが右利き用のハサミのみであった場合、左利きであるCさんは「ちょっとした不便」の中で作業することとなる。些細なことのように思われるかもしれないが、仮に、この作業が業務上の評価に繋がるものだったらどうだろうか。Cさんからしたら「自分一人だけ作業しづらくて不公平」ということになるだろう。

個人の違いは視野に入れず、すべての人に同じものを与えることを【平等(Equality)】、個人の違いを視野に入れて、目的を達成するために適切なものをそれぞれ与えることを【公平(Equity)】とする考え方がある。前述の例であれば、全員に同じハサミを与えるという対応は【平等(Equality)】であり、Cさんには左利き用のハサミが与えられた場合は、目的達成のために適切なものをそれぞれに与える【公平(Equity)】に該当する。

ダイバーシティ&インクルージョンを深化させて

近年、世界中の様々な組織では、この【公平(Equity)】の考え方を取り入れ、「ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン(DEI)」として、構造的不平等を改善するために公平性の担保までを目指す取り組みが推進されている。この取り組みは世界的な潮流となってきていることから、平等と公平を考えるきっかけとして、下のような構図のイラストを目にされたこともあるかもしれない。

Diversity, Equity and Inclusionの模式図その1
Diversity, Equity and Inclusionの模式図その2

イラストが示すとおり、平等(Equality)と公平(Equity)の違いを考えるにあたって重要なことは、「目標達成の手段」が平等か否かではなく、「機会や難易度、負荷」などが、目的を考慮した上で相対的に公平かどうかということを重要視しているという点である。

現実世界ではこのイラストのように視覚的にわかりやすい場面ばかりではないが、公平(Equity)の考え方に基づいて導入されている制度は数多く存在する。所得税や相続税などの累進課税はもちろん、仕事と育児や介護などとの両立のためのフレキシブルなワーキングプログラムや、職位や業務内容に関わらず通勤距離に応じた交通費の支給をしている企業も多いだろう。

私たちが所属するデロイト トーマツ グループにおいても、Domestic & Family Violence被害者に向けたサポートや、育児者向けのシッター補助、介護サービス、休職・休業明けのメンバーに特化した研修、非日本語話者を対象としたガイダンスや研修やサポートスキームなど、それぞれの環境や状況に応じた施策やサポートを行い、公平性の担保・機会の平等化の実現を図っている。

「違い」を「強み」にしていくために

冒頭で左利きの日に触れたが、スポーツの世界では左利きが「サウスポー・レフティ」として重宝される場面も多く、時として試合の流れや勝敗すらも左右する戦略の一端となることもあり、個々の「違い」あるいは「マイノリティならではの特性」が強みになっているともいえる。それと同様に、ジェンダーやセクシャリティ、生活・文化・言語の違い、障がいの有無など、ともすれば「マイノリティ」として社会や制度の中で置いて行かれてしまいがちな個々のあらゆる違いも、組織における強みにできるような社会こそが「更なるインクルーシブな環境」であると考えるべきだろう。

人間は、基本的に百人百様である。一人ひとりの違いに合わせたサポートを完全な形で提供することが非常に難しいのは事実だが、それは公平性を軽視すべき理由にはなるまい。むしろ、公平性は、その完全な実現が極めて困難であるからこそ、そこに一歩でも近づくためのたゆまぬ努力を続けていく必要があると言える。デロイト トーマツ グループは、こうした考え方に基づき、今までグループ一丸となって推進していた「ダイバーシティ・アンド・インクルージョン (D&I)」の活動を、社外の様々なステークホルダーも巻き込んだ「ダイバーシティ・エクイティ・アンド・インクルージョン (DEI)」の取り組みへと更に深化・拡大させる方針を打ち出した。私たち一人ひとりも、より良い形で公平性を実現できる環境づくりに向けて、多くの方々と対話を重ねながら活動を進めていきたいと考える。

執筆者

Diversity, Equity & Inclusion チーム

Diversity, Equity & Inclusion チーム

デロイト トーマツ グループ

「Diversity, Equity, & Inclusion(DEI)」を自社と顧客の成長を牽引し、社会変革へつなげていくための重要経営戦略の一つとして位置付けているデロイト トーマツ グループにおいて、ジェンダーやセクシャリティ、人種・民族、宗教や言語を含めた文化の違い、障がいなど、様々な「違い」を強みとするための施策を、経営層と一体となり幅広く立案・実行しているプロフェッショナルチーム。 関連するリンク デロイト トーマツ グループのDiversity, Equity & Inclusion