Posted: 14 Oct. 2022 2 min. read

新たにショーケースエリアに並んだ個体識別ソリューションについて

The Smart Factory @ Kyoto通信(2022年10月号)

The Smart Factory @ Kyotoのショーケースエリアでは工場のDX推進につながるデジタルソリューションを実際に体験できる形で数多く展示しています。

各展示ソリューションは以下のリンク先で紹介しています。
The Smart Factory @ Kyotoで展示されているソリューション紹介


このほど新規に追加した、画像認識技術を活用した工場デジタルソリューション展示を紹介いたします。

 

① 人物判定ソリューション

人物の属性とその場にいる人数を、映像解析によって判定するソリューションです。同様の技術は大型商業施設等の店頭マーケティング目的や、公共施設のセキュリティ目的に活用されていることが知られていますが、生産現場においても安全性・生産性の担保や改善を目的にしたユースケースがあります。例えば工場内の作業員人数・動線の把握による工数最適化の判断への活用や、作業員単位でのパフォーマンスや非安全行動への対応など、工場内オペレーション管理の観点で活用することが可能です。

 

②  装備判定ソリューション

作業員が正しい装備をしているかをリアルタイム判定するソリューションです。教師データとの比較により、定められた装備が正しく装着されていない作業者を、検知した場合にアラートが発出されます。様々な業務担当者が存在している工場において、入構者が正しいルールを遵守しているか担保し、必要に応じたアラートによって指導の徹底をすることが可能になります。The Smart Factory @ Kyotoの展示では、以下写真のようにヘルメットとマスクの装着有無を判定しています。

 

 

大地 宏明/Hiroaki Ochi
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 SC&NO シニアスペシャリスト・リード

関連インダストリー

デロイト トーマツ グループはインダストリーに精通した経験豊富な専門家で編成するプロジェクトチームを有し、革新的かつ経済動向・経営環境に即した現実的な解決案の提案。企業の課題解決を支援します。