コーポレート情報

デロイト トーマツ サステナビリティ株式会社

当社は2017年1月1日付をもちまして、ISOマネジメントシステム認証事業(ISO9001/ISO14001/ISO27001)を日本検査キューエイ株式会社に移管しました。2017年1月を以て 認定機関である公益財団法人日本適合性認定協会及び一般財団法人日本情報経済社会推進協会による認定を辞退しております。

デロイト トーマツ サステナビリティ株式会社の保証・検証サービスとは

CSRレポート第三者保証、国連CDM有効化審査/検証/認証、温室効果ガス(GHG)排出量・削減量検証など経営にかかわる重要なテーマに関して公正に判断して、保証・検証をおこなうことで、企業の質の向上に寄与します。
保証や検証を行うことで、企業の信用力は増し、又国際的にも認知され企業の価値の向上に寄与します。

 

保証・検証サービス

 ・CSRレポートの第三者保証
 ・国連CDM有効化審査/検証/認証
 ・温室効果ガス(GHG)排出量・削減量検証
 ・ISO14064

• CSR・環境報告書の第三者保証
ESG投資の進展に伴いCSR・環境情報などの非財務情報の重要性が高まっています。デロイト トーマツ サステナビリティ株式会社は、企業のCSR・環境情報のデータ管理の精度向上やCSR・環境報告書の信頼性向上のため、約20年の業務実績をベースに独立した第三者機関として保証を実施します。

• 国連CDM有効化審査/検証/認証
デロイト トーマツ サステナビリティ株式会社は、世界の持続可能な発展に寄与するCDM(クリーン開発メカニズム)プロジェクトを促進するために、国連CDM理事会にDOE(Designated Operational Entities:指定運営組織)として申請し、2006年5月の第24回CDM理事会において、DOE認定を受けました(No.E-0006)。 

• 温室効果ガス排出量の検証
企業に求められる温室効果ガス(GHG) 排出・削減量の把握は、ますます広範に及んで来ています。デロイト トーマツ サステナビリティ株式会社は独立した第三者機関として信頼性の高い公正な検証サービスを提供します。温室効果ガス排出量の検証は、CDP気候変動においても重視されています。

会社概要

会社名

デロイト トーマツ サステナビリティ株式会社

会社名(英名)         

Deloitte Tohmatsu Sustainability Co., Ltd.

設立年月    

平成13年5月

代表者 

代表取締役社長  達脇 恵子

本社所在地

東京都千代田区丸の内3‐3‐1 新東京ビル

オフィス所在地
 

東京 丸の内(新東京ビル) 9階
代表電話  03-4334-8143

お役に立ちましたか?