サービス

事業承継アドバイザリーサービス

次世代への円滑な承継のために

後継者が経営者としての役割を承継するためには、①経営者たる地位を保全するために必要な「株式の承継」、②経営者の意思決定を行うために必要な「ガバナンスの強化」、③経営能力を身に付けるために必要な「後継者の育成」などが必要です

事業承継とは?

事業承継とは、単なる経営者たる地位の交代のみならず、「後継者が経営者としての役割を承継すること」を指します。
例えば、後継者が経営者としての役割を承継するためには、①経営者たる地位を保全するために必要な「株式の承継」、②経営者の意思決定を行うために必要な「ガバナンスの強化」、③経営能力を身に付けるために必要な「後継者の育成」などが必要です。

世の中の現状と課題

今日の日本において、数十万の団塊経営者が引退時期にさしかかっており、事業承継を進めることが社会的課題となっています。中小企業庁は、事業承継税制の導入や事業承継補助金の導入など事業承継を推進するために種々な施策を実施していますが、経営者が抱える課題は千差万別であり、各企業において様々な課題が生じています。このような課題を解決するため、会計・税務のみならず、会社法・経営学などの様々な知識が必要となります。

※クリックすると拡大表示されます

事業承継アドバイザリーサービスの内容

事業承継は多面的な要素があり、各課題を解決するための方法(資本政策、組織再編、M&A、グループガバナンス、High Flyer Program等)も多岐に渡ります。
デロイト トーマツ グループでは、会計・税務・法務・ガバナンスといった事業承継に必要な知見をもったプロフェッショナルが、現状把握・課題整理を行った上で、各企業におけるニーズに応じて将来形(To-be)を設計し、中長期的に実現していくための詳細を設計するとともに、事業承継の実行までサポート(助言)します。

プロジェクトアプローチ例

※クリックすると拡大表示されます

サービスの特徴

サービスの特徴
※クリックすると拡大表示されます

プロフェッショナル

斎藤 毅文/Takaaki Saito

斎藤 毅文/Takaaki Saito

有限責任監査法人トーマツ パートナー

1996年監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社。 2000年より大手金融機関に出向。 帰任後、地域金融機関との連携に係るプロジェクトリーダーに就任。 現在、組織再編・事業承継・事業再構築・M&A・上場準備・事業再生等のアドバイザリー業務に従事。 公認会計士... さらに見る