サービス

財務戦略におけるアドバイザリーサービス

企業の成長を支える財務戦略の構築

企業が持続的に成長し、企業価値の増加させるためには、経営目標及び財務内容に応じた財務戦略を策定することが肝要です

財務戦略とは?

財務戦略とは、企業が経営目標を達成するため、中長期的に資金を調達し、再配分することを指します。 企業が持続的に成長し、企業価値の増加させるためには、経営目標及び財務内容に応じた財務戦略を策定することが肝要です。

 

今日の外部環境と財務戦略の必要性

今日の企業を取り巻く環境は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、急激かつ急速に変化しています。当該環境の変化は、企業のビジネスモデルの変革や成長戦略の再策定等、企業の事業継続においても多大な影響を与えています。
現在の状況を乗り越え、ポストコロナの環境下における成長戦略を支える基盤を築くためにも、財務戦略の重要性はより一層高まることが想定されます。今後発生し得る企業イベントの具体例として、成長戦略と実績との乖離、不採算部門からの撤退(Curve out、MBO)、ビジネスモデルを再構築するためのM&A、資金調達手法の再構築等が考えられますが、当該イベントの実行にあたっても財務戦略の立案は、必要不可欠となります。

※クリックで拡大表示します。

財務戦略におけるアドバイザリーサービスの内容

事業・財務イベント(M&A、Curve out、MBO、新規投資等)に先立って、慎重に財務戦略を策定する必要があります。
デロイト トーマツ グループでは、事業・財務イベントを多数経験し会計・税務及び財務の知見をもったプロフェッショナルが、企業の経営課題に応じイベント発生後までを見据えた上で、情報を多面的に分析、課題を整理します。また、各フェーズに渡って併走することで、財務戦略の策定のみならず実行までのサポート(助言)を行います。

 

プロジェクトアプローチ例

※クリックすると拡大表示されます

サービスの特徴

サービスの特徴
※クリックすると拡大表示されます

プロフェッショナル

斎藤 毅文/Takaaki Saito

斎藤 毅文/Takaaki Saito

有限責任監査法人トーマツ パートナー

1996年監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社。 2000年より大手金融機関に出向。 帰任後、地域金融機関との連携に係るプロジェクトリーダーに就任。 現在、組織再編・事業承継・事業再構築・M&A・上場準備・事業再生等のアドバイザリー業務に従事。 公認会計士... さらに見る