Bリーグ マネジメントカップ 2020

Bリーグ マネジメントカップとは

『Bリーグ マネジメントカップ』とは、デロイト トーマツ グループのスポーツビジネスグループが、公表された情報等を基に第三者的立場でBリーグのビジネス的側面を数値化しランキングしたものです。2014年から発表している『Jリーグマネジメントカップ』と意図的にKPIを揃えることで、多面的に分析できるようにしています。

4つのBusiness Management指標の説明
川崎初の首位!!
 順位チームBMP総計マーケティング経営効率経営戦略財務状況
優勝!1位前年より順位UP川崎ブレイブサンダース14047292737
 2位前年より順位UP秋田ノーザンハピネッツ13434263638
 3位前年より順位DOWN宇都宮ブレックス13352223821
 4位前年より順位DOWN千葉ジェッツふなばし13250144523
 5位前年より順位DOWN琉球ゴールデンキングス12944184027
仙台の2連覇!!
 順位チームBMP総計マーケティング経営効率経営戦略財務状況
優勝!1位前年と同順位仙台89ERS14947254829
 2位前年より順位UP広島ドラゴンフライズ12646183527
 3位前年より順位DOWN信州ブレイブウォリアーズ12036243327
 4位前年より順位UP茨城ロボッツ11534164025
 5位前年より順位UPバンビシャス奈良11527314215

※ 4位と5位はBMP総計は同じであるため、マーケティングの順位でランク付けしている

Bリーグ マネジメントカップ 2020

Bリーグ所属クラブチームをビジネスマネジメントの側面でランキング

2019-20年シーズンの終盤に突如襲来したコロナ禍により、Bリーグは残り約3分の1のリーグ戦を未消化のまま終了せざるを得ないという前代未聞の状況となりました。BリーグやBクラブは、未経験かつ先の見えない環境の中で、これまでのビジネスモデルを根本から見直す必要に迫られる厳しい状況に直面しました。

一方で、現在も続くコロナ禍の影響により、今後10年はかかると言われていたDX化は図らずも急速に環境整備が進み、スポーツビジネスに限らず、世界のビジネスがパラダイムシフトを起こし始めています。この状況をいかに乗り切るかが、今後のBリーグのビジネスの鍵を握ることになるでしょう。

デロイト トーマツ グループのスポーツビジネス

デロイト トーマツ グループは、財務会計、戦略、マーケティング、業務改革など、あらゆる分野のプロフェッショナルを擁し、スポーツビジネス領域におけるグローバルでの豊富な知見を活かしながら、全面的に事業支援を行う体制を整えています。またコンサルティング事業の他、国内外のスポーツ関連メディアへの記事寄稿などを通し、スポーツ業界全体への貢献も積極的に行っています。 スポーツビジネスに関するお問い合わせはこちら

デロイト トーマツ グループ公式アプリもぜひダウンロードください。

Google Play で手に入れよう