サービス

洋上風力発電関連サービス

我が国では、2050年カーボンニュートラル社会の実現に向けた取組みが本格化してきています。中でも、洋上風力発電は、2040年までに最大で45GW の導入目標が示され、将来、我が国の主力電源の一つになるのみならず、新たな成長産業となることが期待されています。

市場拡大に向けた課題

国内洋上風力発電市場は、未だ市場形成の初期段階にあります。今後、洋上風力発電産業を我が国の基幹産業にまで引き上げていくためには、中央省庁・自治体・民間企業が一体となって市場拡大への取組みを行っていく必要があります。

<主要論点>
・継続的な案件形成
・関連インフラの整備
・強靭なサプライチェーンの構築
・コスト競争力の強化

(1.4MB, PDF)

デロイト トーマツ グループにおける洋上風力発電関連サービス

デロイトトーマツグループは、クライアントの洋上風力発電に関する様々な課題解決への要請に応えるため、グループ全体で専門のコンサルティング体制を組成しています。具体的には、政策立案、戦略策定、M&A、ファイナンス、会計監査、税務等の多様な専門家を100人規模で結集し、包括的にクライアントの課題解決にあたります。

中央省庁・自治体
・政策・技術・市場動向調査
・政策立案
・技術開発事業の運営
・産業競争力の強化、観光・水産振興

民間企業
・市場参入戦略検討
・O&M体制構築
・公募入札参加
・M&A、組織再編
・ファイナンシャルアドバイザリー
・会計・税務アドバイザリー
・SPC等の会計監査 

 

洋上風力発電関連のサービス概要

洋上風力発電関連のサービス概要
※クリックまたはタップして拡大表示できます

デロイト トーマツ グループの強み

洋上風力発電分野におけるデロイトトーマツグループの強みは、グループの総合力・業界ネットワーク及び知見・グローバル連携にあります。

※クリックまたはタップして拡大表示できます

プロフェッショナル

有限責任監査法人トーマツ
磯俣克平(パートナー)
樋野智也(パートナー)
三瀬農士(シニアマネジャー)
山本真実(マネジャー)

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
下田健司(パートナー)
加藤健太郎(アソシエイトディレクター)
榎本哲也 (シニアマネジャー)
村野晋介(マネジャー)
楠元英之(マネジャー)

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
三木要(パートナー)
手計徹也(ディレクター)
松永秀夫(ディレクター)
福本真二(シニアヴァイスプレジデント)
稲垣健一(シニアヴァイスプレジデント)

デロイト トーマツ税理士法人
小山和憲(パートナー)

DT弁護士法人
伊奈弘員(パートナー)