ナレッジ

メールマガジンバックナンバー(クライシスマネジメントメールマガジン)

>> 最新のメールマガジンはこちら

2019年7月3日号(第2号)

最新トピック

シリーズ:丸ごとわかるフォレンジックの勘所
第11回 日本企業も決して無関係ではないFCPA(海外腐敗行為防止法)の現状と対策(2/2)

本シリーズでは、フォレンジックの勘所を不正の予防・発見、対処、再発防止の全プロセスにわたり、複数回に分けて紹介します。第11回の本稿では、前回に引き続きFCPA(海外腐敗行為防止法/Foreign Corrupt Practice Act)について、日本企業が注意すべきポイントを解説します。

MORE

 

メディア掲載

『旬刊 経理情報』2018年11月1日号(No.1527)
撤退マネジメントとその会計実務
第3回 撤退方針決定のための検討事項

会社が対象事業の撤退を決断すると、まず情報収集による基礎的な分析を行い、分析に基づいて論点を抽出し検討する必要があります。今回は、撤退方針検討にあたり必要となるポイントを解説し、あわせて失敗例をご紹介します。

MORE


 

セミナー案内

【開催報告】日本企業のクライシスマネジメント
~Rising to the challenge~

開催日:2019年6月5日 場所:シャングリ・ラホテル東京

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社と有限責任監査法人トーマツは、「Rising to the challenge 日本企業のクライシスマネジメント」と題したセミナーを開催しました。本セミナーでは、独自に調査をした国内外の企業のクライシスマネジメント(危機管理)に関する実態調査の結果と分析について発表するとともに、企業が直面する不正事案や事故などさまざまなクライシスに対応するにあたっての主なポイントと行動原則を解説しました。

MORE

 

2019年6月5日号(第1号)

トピック

調査レポート<本日発表>
日本企業のクライシスマネジメント ~Rising to the challenge~
2019年6月

本レポートでは、日本におけるクライシス対応の現況と準備状況の把握を目的として日本の産業界のリーダーや国際企業のトップマネジメントを対象に調査を行い、そこから回答を得た結果を分析。また当社のクライシス対応のスペシャリストから、国内外企業のアンケート調査結果を踏まえて、経営層・経営幹部の取るべき普段からの行動とクライシス時の行動原則についての記事を掲載しています。

MORE


シリーズ:丸ごとわかるフォレンジックの勘所
第10回 日本企業も決して無関係ではないFCPA(海外腐敗行為防止法)の現状と対策(1/2)

本シリーズでは、フォレンジックの勘所を不正の予防・発見、対処、再発防止の全プロセスにわたり、複数回に分けて紹介します。第10回の本稿では、FCPA(海外腐敗行為防止法/Foreign Corrupt Practice Act)について日本企業が注意すべきポイントを2回に分けて解説します。

MORE


公取委の企業結合審査事例から学ぶ審査の傾向と留意点(下)
経済分析とアンケート・ヒアリングの活用に係る傾向

前回はM&Aにおける独禁法上の審査に要する期間や公取委から問題解消措置を求められる可能性などについて解説しましたが、本稿では独禁法上の判断が難しい複雑な事案や重要なケースでは経済分析やアンケート調査などが実施される傾向について解説し、独禁法リスク対応のための留意点を提示します。

MORE

 

メディア掲載

『旬刊 経理情報』 2018.10.20(No.1526)掲載
撤退マネジメントとその会計実務
第2回 事業撤退基準・ルールの設定

本稿ではポートフォリオマネジメントを活用した適切な事業撤退基準・ルールの設定において検討すべき事項を解説したうえで、事業撤退の見極めが遅れた事例および実際の事業撤退基準・ルールを定めている他社の事例について解説します。

MORE


 

サービス紹介

クライシスシミュレーションとウォーゲーム
クライシスへ即応できる体制へ

デロイトのクライシスシミュレーションは、実際のクライシスの状況を想定した情報やアナリティクスおよび革新的なツールを用いたアプローチであり、実際の経験を結びつけることで、参加者は完全に双方向の環境に没頭することができます。 これらのシミュレーションは、組織が対処プロセスの準備状況を評価する際に役立ちます。また、実際にクライシスが起きたときに有効な経験を提供します。

MORE


クライシスへの準備状況の評価
クライシスへの対応が万全だと思い込まず、テストをしましょう

デロイトのクライシス評価メソドロジーは、BS 11200:2014やASIS組織レジリエンスのような主要な国際基準に適用されるクライシスマネジメントフレームワークが基となっています。デロイトの実証(運用)された評価アプローチとクライシスマネジメントの実践経験を組み合わせることにより、このメソドロジーは、潜在的なリスクの特定と準備だけでなく、クライシスへの効果的な対処と回復を支援するために、スコープとなっているクライシスマネジメント機能が適切な目標、人員、インフラストラクチャーを有しているかの判断を支援します。

MORE
 

2019年4月24日号【特集】クライシスマネジメント

※ファイナンシャルアドバイザリーメールマガジンの「クライシスマネジメント特集号」として配信した内容です。

トピック

シリーズ:丸ごとわかるフォレンジックの勘所
第9回 企業における危機につながる不正発生時のステークホルダー対応のポイントとは(2/2)

前回「企業における危機につながる不正発生時のステークホルダー対応のポイントとは(1/2)」では主に、危機につながる不正発生時の各ステークホルダーへの対応のポイントについて解説しました。今回は、企業経営の危機につながる恐れのある不正発生時など、企業が難しい判断を迫られる局面における対応のポイントについて解説します。

more 〉

 
連載:M&Aにおける独占禁止法上のリスク
公取委の企業結合審査事例から学ぶ審査の傾向と留意点(上)

審査期間長期化と競争上の判断に係るリスク
M&A当事者の視点から近年の企業結合審査のトレンドを概観するとともに、独禁法リスク対応のための留意点を2回にわたって解説します。前編の本稿では、M&Aにおける独禁法上の審査に要する期間や公取委から問題解消措置を求められる可能性などについて解説します。

more 〉

 

メディア掲載

『旬刊 経理情報』 2018.10.10(No.1525)掲載
撤退マネジメントとその会計実務
第1回 事業ポートフォリオの見直し(全4回)

近年、日本企業におけるM&Aは増加傾向にあり、事業のグローバル化や多角化が進んだことから、事業ポートフォリオマネジメントの重要性が一層高まっています。第1回の本稿では、日本におけるM&Aの動向を踏まえて基礎的な事業ポートフォリオマネジメント手法を紹介したうえで、適切なポートフォリオマネジメント体制構築に向けた実務上の論点について解説します。

more 〉

 

お役に立ちましたか?