出版物

【法律・政省令並記】逐条解説 外国子会社合算税制

本書は、外国子会社合算税制(内国法人の外国関係会社に係る所得の課税の特例)について、令和元年度税制改正後の政省令も踏まえ、制度全般にわたって条文を整理し、詳細な解説を加えたものです。

本制度は、昭和53年度税制改正によって「タックス・ヘイブン対策税制」として導入された後、幾度もの改正を経て今日に至っていますが、最近では、平成29年度税制改正によって抜本的に改正され、平成30年度税制改正及び令和元年度税制改正によって実務的に重要な改正が行われています。

本書では、最新の外国子会社合算税制について、条文と解説を見開きに配置し、〈1〉左ページには、法律・施行令・施行規則を網羅的に、かつ、関連する条文ごとに整理し、〈2〉右ページには、(1)立法趣旨を踏まえた解説、(2)理解を助けるための図、(3)通達・QA番号・裁判例などの関連情報を収録しました。

国際税務に携わる皆さまに、本書が少しでもお役に立てれば幸いです。

書名 【法律・政省令並記】逐条解説 外国子会社合算税制
出版 ロギカ書房
著者 梅本 淳久
価格 本体5,000円+税
刊行 2019年7月
ISBN 978-4909090274
お役に立ちましたか?