ナレッジ

EMEA 日系企業サービスグループ  インサイト

Deloitteがグローバル、欧州、日本で公表した記事、ツール、イベント等のうち、EMEAで事業活動を行う日系企業に広く関心がありそうなものを集約してご紹介しています(2020年10月以前)。

Leadership

Insights on CEO priorities and predictions (Global, Oct 2020) 英語記事
Fortune/Deloitteによる最新のCEOサーベイでは、CEOは回復について用心深い楽観主義であり、多くがビジネスがバーチャル環境に適応する速度に驚きを認めていることが分かりました。

  • CEOの3分の2が、2021年6月までに収益が危機前のレベルに戻ると考えています。
  • CEOのほぼ半数は、従業員の水準は減少していない、もしくは既にパンデミック前の水準に戻っていると述べています。

パンデミックがチャレンジングな影響を与える一方で、デジタルトランスフォーメーションを大幅に加速し、新しいビジネスチャンスを生み出し、新しいパートナーシップとアライアンスの形成に拍車をかけたというCEOの信念によって楽観主義は促進される可能性があります。 またCEOは、今後12カ月の間にダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)に関する実際の持続的な行動を計画しているようです。

Economics/Brexit

Deloitte CFO Survey: 2020 Q3 (UK, Oct 2020) 英語記事
英国大企業のCFO等を対象に、四半期ごとにCFOサーベイを実施しています。2020年Q3(調査時期は9月22日~10月6日)の主な調査結果は以下の通りです。

  • CFOのほぼ3分の2は、2021年Q2以降まで自社のビジネス需要がパンデミック前のレベルまで回復しないと予想している。
  • CFOはCOVID-19の悪影響によりBrexitの悪影響の影が薄くなっていると予想している。
  • CFOは引き続きディフェンシブなバランスシート戦略を重視している。
  • 設備投資や事業拡大は後回しになっており、デジタル化、自動化、合理化等のビジネストランスフォーメーションへの投資が今後12カ月の優先事項である。
  • 不確実性が高いにもかかわらず、CFOの大多数は一時帰休した従業員を復帰させ、従業員の82%に給与を払い続けると計画している。

European CFO Survey Autumn 2020 (Europe, Oct 2020) 英語記事
COVID-19パンデミックは、サプライチェーン、貿易、テクノロジーに関する根本的な構造変化を加速・増幅させました。 企業は、パンデミック後の世界で生き残るだけでなく成長したいのであれば、これらの変化を認識して受け入れ、目標を再評価し、戦略を適応させる必要があります。主な調査結果は以下の通りです。

  • 欧州における経済活動は、COVID-19の蔓延に対抗するために実施された特別な措置の後、夏に急速に回復した。これにより、CFOの楽観主義は今年初めの過去最低レベルから改善した。
  • 調査したCFOの半数(3月調査時の5倍)は、自社の財政見通しに関して3カ月前よりも楽観的だと感じている。
  • それでも、欧州における全体的な気分の改善を反映して収益期待が高まっているにもかかわらず、ほとんどの企業はまだパンデミック前のレベルに戻っていない。
  • 信頼感の改善は、危機が大きな打撃を与え、回復への道のりが長いという事実を隠せていない。
  • セクターにより明確な違いがあり、交通・ロジスティクスや工業製品・サービスは3カ月前よりも自信を持って未来を見ているが、観光・旅行のCFOのほぼ半数は3カ月前よりもはるかに悲観的である。
  • 23%の企業がCOVID以前のレベル以上でビジネスを行っているが、44%は危機前のレベルに戻るは早くても1年後と予想している。
  • 景況感は改善したが、ビジネスリーダーは回復の確実性に引き続き懸念を抱いている。需要の弱体化は、調査対象国の3分の2で依然として3大懸念事項の1つとなっている。
  • 労働力減少を予測するCFOは3月以降わずかではあるが減少した。現地での新たな制限を余儀なくさせる感染第2波は、より多くの一時解雇や内需減少につながる可能性がある。
  • 投資意欲は欧州全域で抑制されたままであり、CFOのほぼ40%が今後12カ月において設備投資を削減することを計画しており、わずか13%が物的インフラや機械設備等の有形資産に投資することを計画している。
  • しかし、パンデミックはデジタル経済の台頭を加速させた。欧州企業はデジタルトランスフォーメーションを完了することに努めており、CFOの60%が、自動化、ソフトウェア、データ、ITネットワークにさらに投資予定である。
  • 「デジタル化」はほぼ半数の国で3大戦略的優先事項の1つとして挙げられているが、1年前は5分の1の国で挙げられているだけだった。

Tackling Brexit and COVID-19 together (UK, Oct 2020) 英語記事
サプライチェーン、従業員、リソース(ファイナンス)の3つの重要な分野におけるBrexitとCOVID-19の相互作用に焦点を当て、複合的な危機が企業の日々のオペレーションにどのように影響し、企業がどのように対処できるかを解説します。

Brexit: Preparing for the transition period and beyond (UK, Oct 2020) 英語ページ
移行期間終了に備えるためのBrexit影響調査の紹介ですが、サプライチェーン、従業員、法規制、貿易と市場アクセス、税金とファイナンスについて現時点で決まっていること、決まっていないことの例示を紹介しており、実施すべきアクションを検討するための参考になるかと思われます。

Would WTO terms really mean for business? (UK, Oct 2020) 英語ページ
英国-EU間の通商交渉について合意なしとなるリスクが依然残っていますが、WTOルールが何を意味するか、現在分かっていることは何か、No Dealの場合に何が起こるか、今何をすべきかについて説明しています。

Global Trade Bureau (UK, Oct 2020) 英語ページ、英語記事
Deloitte UKが開発した通関コンプライアンスソリューションの紹介ページですが、中ほどに英語記事「Importing into the UK(英国への輸入に関するガイド)」と「Exporting from the UK(英国からの輸出に関するガイド)」があり、企業が移行期間終了後に輸入者・輸出者として何をすべきか、その手続、考慮事項等を紹介しています。

Brexit industry insights (UK, 2020) 英語ページ
旅行・交通、ロジスティクス、消費財・小売、食品、テクノロジー、通信、メディア、エネルギー、自動車、製造業、ライフサイエンス等について、Brexitが与える影響や実務的なガイダンスを提供しています。

Sustainability/SDGs

A new business paradigm to address climate change (Global, Oct 2020) 英語記事
ビジネスが気候変動に対処する方法について新しい考え方を提供します。気候変動に関する取り組みは個々の企業の壁を越え、業界やエコシステム全体での行動を検討する必要があり、また、企業が従来運営してきた優先順位、制約、目的を変更し、ビジネスモデルの根本的な変革を要求する可能性があります。

Climate scenarios and consumer business (UK, Sep 2020) 英語記事
気候変動に関して4つのシナリオを作成し、各シナリオにおけるコンシューマー業界(小売、消費財、自動車、交通・ホスピタリティ)が受ける影響を解説しています。

Tech for Impact: The economic and environmental impact of digital technologies in the UK (UK, Sep 2020) 英語記事
UKの製造業、農業、エネルギー、モビリティ、建設業界において、クリーンテクノロジーが環境と経済に与える影響を分析しています。

Goal 13 Impact Platform: emerging findings (UK, Sep 2020) 英語記事
約100名の企業リーダーへのインタビューから得られた洞察(気候変動への取り組み、気候変動プログラム、最も影響力のあるイニシアティブ、気候とビジネスへの影響、進展への障壁、学んだ教訓)を共有します。

The sustainability transformation (Global, Jul 2020) 英語記事
サステナビリティがもたらすインパクトを脅威ではなく機会として捉え、変革を成し遂げられる企業の特徴や変革の具体例を紹介します。

Measuring the business value of corporate social impact (Global, Jul 2020) 英語記事
企業における社会的活動について、ブランド、タレント、イノベーション、オペレーション効率、リスク低減、マーケット価値の観点から、どのように価値を測定できるかを解説しています。

Decarbonising Shipping: All Hands on Deck (Global, Jul 2020) 英語記事
ShellとDeloitteによる共同レポートです。CO2低減が困難な海運業について、世界中のリーダーにインタビューを行って得られた洞察から、脱炭素化の障壁を探り、海運会社とエコシステムのプレーヤーが検討すべき12の実用的なソリューションを提供します。

Marine plastic pollution (Global, Mar 2020) 英語記事
海洋プラスチック汚染の経済的影響と、それに対処するために企業と政府が協力する方法を探求しています。

Consumer

The Deloitte Consumer Tracker Q3 2020 (UK, Oct 2020) 英語ページ、英語記事
Deloitte UKが四半期ごとに公表しているThe Deloitte Consumer Trackerの2020年Q3 (7-9月)が公表されました。Q3における英国の消費者信頼感や経済状況、消費支出に加え、小売・消費財・レジャー・自動車の各セクターの状況について調査を行っています。以下に概要をご紹介させていただきます。

  • Deloitteの(英国)消費者信頼感指数は2四半期連続で弱い上昇を記録したものの、2020年Q3も記録的な低水準で推移した。
  • サマーシーズンにおけるホスピタリティ産業の部分的な再開により消費者の気分が明るくなり、消費者信頼感指数はQ2から1ポイント改善してマイナス16%になった。
  • 2020年Q3もCOVID-19パンデミックが消費者心理に悪影響を及ぼし続けており、集会の再開や夏休みに後押しされた楽観的な兆しがあったものの、パーソナルファイナンスを除くすべての項目においてスコアは前年同期の水準を依然として大きく下回っている。
  • 食料純支出は、7月にレストランとバーが再開したことにより家の外でより多くの支出が行われたため、2020年Q2から11ポイント減少した。しかし、消費者が在宅勤務を続けているため、前年同期よりも12ポイント高いままだった。
  • 家のリフォーム支出は昨年9月と比較して26%増加し、家具への支出は28%増加した。
  • 美容・パーソナルケア製品への純支出は、制限解除により人々がより外出し、また夏季休暇に出かけたため、Q2から11ポイント増加した。
  • 外食については「Eat Out to Help Out」に後押しされ、Q2から47ポイントの大幅な増加が見られた。
  • 新車販売は、ロックダウン後の活動が急増したため、前年同期と比較して0.5%減少しただけだった。
  • 電気自動車が自動車業界にとって明るい話題で、BEVとPHEVは市場シェアを前年同期の3%から9%に拡大した。
  • ホリデーは好調に推移し、短期休暇は国内旅行と短距離旅行に牽引されQ2から27ポイント増加した。

Executive voices on pandemic recovery (Global, Oct 2020) 英語記事
コンシューマー企業のマネジメントへの詳細なインタビューを通じ、企業が回復するだけでなく長期的に成功するために、5つの方法(より迅速な意思決定、基本に立ち返る、物理的なイベントのない状況を克服する、再定義された利便性を受け入れる、より安全な仕事の設計)が役立つことを説明しています。

Digital commerce transformation (Global, Oct 2020) 英語記事
COVID-19のパンデミックは消費者行動を根本的に変え、オンラインショッピングへの移行が加速しています。卸売業者や小売業者が「ニューノーマル」においてeコマースに関するエコシステムとサプライチェーンを適応させるために考慮すべき事項や、デジタルコマースに関する変革を成功させるために不可欠な7つの分野を探ります。

Future of Mobility

Deloitte City Mobility Index 2020 (Global, Aug 2020) 英語記事、英語ツール
よりクリーンで安全、速く、公平、アクセスしやすいモビリティの未来を目指すため、都市の交通エコシステムを自動車、規制、デジタル、データの観点から調査を行っています。また、都市毎の分析について、欧州ではロンドン、マンチェスターをはじめ8都市を分析しています。

Electric vehicles (Global, July 2020) 英語記事
2019年にBEVとPHEVの販売は初めて200万台を超えました。このレポートでは、世界中のEV市場の現状を調査し、今後10年間における変革について概説します。また、市場細分化への新しいアプローチを英国を例に共有し、自動車業界のステークホルダーがチャンスを掴み、リスクを管理して将来成長する方法を例示します。

Energy

The 2030 decarbonisation challenge (Global, Sep 2020) 英語記事
多くの企業が2050年までにカーボンニュートラルを達成することを表明していることを受け、エネルギー業界の各セクター(化学、石油・ガス、鉱山・金属、電力)における現状を分析し、2030年までに暫定目標を達成するための戦略や戦術を解説しています。

Energy scenarios in focus (Global, Sep 2020) 英語記事
2035年までのエネルギーの未来について、Deloitteがシナリオプランニング手法に基づき4つのシナリオを作成し、解説しています。

European Power & Utilities Newsletter (Europe) 英語記事
毎四半期、商品市場の動きやセクターに影響を与える主要なビジネスと経済動向に関する最新情報、規制変更、欧州における主要な電力・ユーティリティ企業の業績ハイライトを提供します。

Manufacturing/Industry 4.0

Solving the productivity challenge in UK Manufacturing (UK, Oct 2020) 英語Podcast
Industry 4.0 Readyポッドキャストでは、製造業セクター全体でのデジタルトランスフォーメーションの重要性と、それが企業の製品デザイン、製造、サービスに与える影響について説明します。 今回のエピソードでは、サプライチェーンのローカル化の課題と実行可能性、生産性と競争力を高めるデジタルテクノロジーの可能性についての洞察を提供します。

Redesigning partner experience in Industry 4.0 (Global, Oct 2020) 英語記事
エンドツーエンドのデジタルソリューションがより複雑になるにつれて、企業はバリューチェーン全体でパートナーエコシステムを活用する必要があります。この記事では、企業がパートナーインフラモデルを再設計することで価値を獲得する方法について説明します。

Accelerating smart manufacturing (Global, Oct 2020) 英語記事
1,000人を超える製造業のマネジメントを対象にした調査から、不確実な時代の中でスマートマニュファクチャリングを進めるためにはパートナー活用が重要であることが分かりました。この記事では、エコシステム内のプレーヤーがいかにお互いを高め合い、他社の能力を活用して2倍以上の価値を見つけるかを探ります。

The Fourth Industrial Revolution (EMEA, July 2020) 英語記事
「インダストリー4.0に移行する際に利益と目的のバランスをどのように取るのか」「より社会的、環境的に責任のある方法で行動しつつ、ビジネスを前進させるために高度なテクノロジーをどのように使用するか」といった準備と責任の交差点に関するマネジメントの見解を検証します。

Digital lean manufacturing (Global, Aug 2020) 英語記事
生産性を向上させ、オペレーションの複雑さを軽減するために、リーン(無駄がないこと)とインダストリー4.0のテクノロジーを統合する必要があるという考えを探ります。 この「デジタルリーン」アプローチにより、最終的には様々なプロセスの自動化、速度とアジリティの向上、全体的な効率と生産性の向上が実現します。

Swim, not just float (Global, Jun 2020) 英語記事
インダストリー4.0を通じてイノベーションと新しいビジネスモデルを推進し、イノベーションに焦点を当てて現在のプロセスを最適化し、新しい戦略を開発する方法を探ります。

Technology

グローバルAI活用企業動向調査2020 (Japan, Oct 2020) 日本語記事
AIが本格的な普及期に差し掛かってきた昨今、導入自体が優位性に繋がる時代は終わりを告げ、各企業のAI潜在能力を引き出す手腕が問われています。本稿では、先進プレイヤーがどのように新たなAI活用ユースケースに挑戦し、一方で潜在リスクに対しどのような対処を試みているのかを比較し、AI導入後の優位性保持に向けた示唆を考察します。

Digital Consumer Trends 2020 - Changing attitudes to data privacy (UK, Oct 2020) 英語ページ
データプライバシーに関する消費者の認識が変化してきており、長年にわたるデジタルデバイスの普及拡大とロックダウンによるソーシャルネットワークの使用頻度増加により、消費者がデータ共有についてあまり懸念していないことが示されています。

Lasting lockdown habits: a new digital consumer?Digital Consumer Trends 2020 (UK, Aug 2020) 英語ページ
COVID-19がUK事業者の短期的な5G推進能力にどのように影響したかを探ります。 また、5Gの需要は、マーケットにおける認識と消費者のテクノロジーに対する理解に依存する可能性が高いことも強調しています。

Digital Consumer Trends 2020 - 5G: evolution deferred (UK, Sep 2020) 英語ページ
COVID-19がUK事業者の短期的な5G推進能力にどのように影響したかを探ります。 また、5Gの需要は、マーケットにおける認識と消費者のテクノロジーに対する理解に依存する可能性が高いことも強調しています。

Africa

Guide to fiscal information - Key economies in Africa 2020 (Africa, Aug 2020) 英語記事
アフリカの主要45カ国について、法人税・VAT等の税務や投資インセンティブ、為替管理制度、その他経済情報を要約しています

Chemical

Future of the chemicals value chain in Europe (Europe, June 2020) 英語記事
欧州ケミカルインダストリーの競争力とサーキュラーエコノミーの2つの軸から、2040年の欧州におけるケミカルバリューチェーンの姿をシナリオ分析しています。

M&A

A customer-first approach to M&A success (Global, Oct 2020) 英語記事
人はすべてのビジネスの中心であり、M&Aについても、人間的な側面に取り組むことにより潜在的な巨額損失を防ぎ継続的な利益を上げる可能性が高まります。Verizon Mediaが従業員を第一に考え、2つの営業チームをどのようにうまく統合したかをご覧ください。 

Supply chain 

Eight steps toward resilient supply network management (Germany, Sep 2020) 英語記事
レジリエントなサプライネットワークを構築するために重要な8つの項目について、業界への影響、関連部署、導入時期、事例等を解説しています。

 

Marketing

2021 Global Marketing Trends (Global, Oct 2020) 英語記事
前例のない変化は、Purpose, Agility, Human Experience, Trust, Participation, Fusion, Talentの7つのグローバルマーケティングトレンドをシフトさせました。このレポートでは、グローバルブランドがこれらのトレンドをナビゲートし、人間のニーズに正面から応えながら成長するのに役立つ明確な洞察と実際の事例を共有しています。 

Finance/accounting

COVID-19によるファイナンス組織への影響と今後の改革の方向性 (日本, Oct 2020) 日本語記事
COVID-19感染拡大による日本のファイナンス組織への影響とWith/After COVID-19においてファイナンス組織が企業価値向上に貢献し続けるためには何が求められていくのか、というファイナンス組織全体への考察をしています。

Financing a sustainable transition (Europe, Aug 2020) 英語記事
The results of the latest European CFO survey reveal that when it comes to ESG, many companies are missing opportunities to engage with investors effectively. Finance departments have a role to play, but may need to build new capabilities.ファイナンス部門は、資本市場へのより良いアクセスを確保し、企業のサステナビリティへの移行をサポートする上で重要な役割を果たします。この記事では、CFOが事前に計画を立て、企業の目的や戦略とサステナビリティとを統合し、コミットメントや長期的なパフォーマンスについて投資家と関わる方法を探ります。

Human Capital

May the workforce be with you - The voice of the European workforce 2020 (Europe, Oct 2020) 英語記事
欧州7か国の10,000人以上の労働者の意見を収集し、従業員がここ数カ月で働き方がどのように変化したか、将来の仕事に何を期待しているかを理解しました。労働者は時間、リーダーの信頼、同僚のネットワークがロックダウンによる変化に適応するために最も重要であったと述べ、41%はうまく適応できたのはリーダーシップからの信頼のおかげであると述べました。従業員の声に耳を傾け、将来の仕事、従業員、職場を計画する際に適切な措置を講じることが今まで以上に重要になっています。この記事では、ビジネスリーダーが今後検討すべきこと、従業員が彼らに期待することについての推奨事項を提供します。

If we rebuild, will they come back? - Understanding how trust considerations influence workplace return intentions (Global, Oct 2020) 英語記事
ビジネスリーダーはオフィススペースを再考し変更してきましたが、従業員がどのように変わったかを考慮しましたか?従業員の進化を認識し、信頼に基づいて復帰戦略を策定している組織は、安全で満足のいく復帰を実現できます。

Collaboration at a distance - Technology for remote, high-touch scenarios (Global, Oct 2020) 英語記事
新しいテクノロジーがどのようにコラボレーションを可能にし、同じ場所で働いていない同僚間のつながりとコミュニティ感覚を育むのにどのように役立つかを探ります。

人事の新「世界スタンダード」~デジタル・イノベーションの中で変革を迫られるHR~ (日本, 2020) 日本語ページ
ポストコロナの「Next Normal」における人事の新「世界スタンダード」は、どのようなものになっていくのか。仕事のデザイン、人間と機械の協働、社内と社外の協働、そのための要員体制・組織体制とパフォーマンス・マネジメントをどのように行っていくのか。人事部門は、デジタルトランスフォーメーションの推進において、どのような役割を担っていくのか―。このような挑戦的な問いについて、全7回にわたり考察を深めていきます。

Risk management

サードパーティーリスクマネジメントに関するサーベイ結果2020 (日本, Sep 2020) 日本語記事
デロイトが世界で実施している委託先や仕入先等のサードパーティーを含む統合リスクマネジメントの調査は2020年で5回目を数えました。世界20カ国のすべての主要業種の1,145社以上の回答企業の結果を集計しています。

内部監査インサイト (日本, 2020) 日本語ページ本サイトは2020年の内部監査推進全国大会に参加されたご担当者をはじめとし、全ての内部監査に関与するご担当者に向け、有益な情報を集約いたしました。