ナレッジ

脱炭素化に向けた2030年までの課題 ―“エネルギーの未来”への道筋―

資源/エネルギー業界向けNewsletter「Quest」Vol.3

脱炭素化に向けた2030年までの課題 ―“エネルギーの未来”への道筋―

世界のエネルギーミックスは、化石燃料から再生可能エネルギーへと変化してきており、官民双方による脱炭素化に向けた取り組みが進められています。

このエネルギー転換や「グリーン・ディール」の勢いが増すにつれて、新しいエコシステムが形成され、様々な新技術が出現しています。

エネルギー・資源業界の多くのプレイヤーの中には、2050年までにカーボンニュートラル化することを公言している企業も存在しています。

本レポートでは、化学、石油・ガス、鉱業・金属、電力・都市ガス、再生可能エネルギーなど、資源・エネルギー、素材業界の企業が、今後10年間で脱炭素化を加速し、2030年までに意味のある中間目標を達成する方法を探ります。

 

尚、本レポートはDeloitte Development LLCが発行した以下の和訳です。
「The 2030 Decarbonization Challenge -The Path to the Future of Energy-」
原著は下記リンクよりご確認いただけます。

https://www2.deloitte.com/global/en/pages/energy-and-resources/articles/the-2030-decarbonization-challenge.html
 

【目次】

  1. はじめに
  2. まえがき
  3. 化学
  4. 石油・ガス
  5. 電力・都市ガス、再生可能エネルギー
  6. 鉱業・金属
  7. 業界横断的なソリューション
  8. 結論

(プロセスユニットニュースレター「Quest」Vol.3 2021年1月発行)

※同業企業・学生の方のお申込みはご遠慮いただいております

お役に立ちましたか?