ナレッジ

石油メジャーによる脱炭素戦略―ネットゼロへの移行は存亡の危機か、変革のチャンスか―

資源/エネルギー業界向けNewsletter「Quest」Vol.4

石油メジャーによる脱炭素戦略―ネットゼロへの移行は存亡の危機か、変革のチャンスか―

COVID-19後のカーボンニュートラル化に向けた機運の高まりにより、石油業界を含むエネルギー産業は大きな転換点を迎えています。

化石燃料のピークアウトはその可能性が以前から示唆されていましたが、2020年がターニングポイントとして業界の潮目が変わり、企業単位でも脱炭素化に向けて舵を切る企業が増えています。

本レポートは、こうしたテーマに先進的に取り組む欧州、米国のオイルメジャー企業を対象として、収益源である石油事業からのポートフォリオ転換に、現時点で各社がどのような方針・スタンスで取り組もうとしているか、またScope1-2、3の削減策として取りうるオプションとしてどのような施策が考えられているのかといった具体例を提示しています。

 

(プロセスユニットニュースレター「Quest」Vol.4 2021年12月発行)

 

【目次】

  1. 石油メジャーを取り巻く環境の変化
  2. 石油メジャーのGHG削減目標
  3. 自社におけるGHG削減の実現手段
  4. サプライチェーン全体でのGHG削減方針
  5. 日本の石油・ガス業界に向けた示唆

 

※ プロセスユニット発行のニュースレターをご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?