ナレッジ

基礎からのM&A講座 第2回

企業戦略とM&A

大学で講義を受ける感覚で基礎からM&Aを学ぶ12回完結の講座型連載記事。 第2回講座では「企業戦略とM&A」として、企業がM&Aを実施する際の基本的な考え方や戦略について平易に解説します。

関連コンテンツ

はじめに

「基礎からのM&A講座」の第1回では最近の日本のM&Aのトレンドを解説した。続く今回の第2回講座では「企業戦略とM&A」として、企業がM&Aを実施する際の基本的な考え方や戦略について平易に解説したい。

M&Aの実行プロセスにおいては企業の情報を精査するいわゆるデューディリジェンスの実施や、秘密保持契約書および株式譲渡契約書等、複数の契約書類の作成が必要であり、相応の人員や手間・費用がかかってしまう。そもそもなぜ企業はこんな面倒な施策を行うのだろうか。企業戦略の実行において、M&Aはどのような手段といえるのか。その本質は何だろうか。

なお、文中の意見に関する部分は私見であることに予めご留意頂きたい。

続きは添付ファイル[PDF]をご覧ください。

第3回 M&Aの実行プロセス概要

[PDF : 256KB]

関連サービス

M&Aに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

■ M&A:トップページ

 ■ M&Aアドバイザリー 


シリーズ記事一覧

基礎からのM&A講座(一覧)

お役に立ちましたか?