サービス

サプライチェーンネットワークデザイン(SCND)支援

環境変化に応じた最適なサプライチェーンネットワークの設計を実現するための手法の確立、業務プロセス・組織設計を支援し、コスト削減やリスク低減を通じた企業価値向上に寄与します。

SCネットワークデザインの必要性

企業のサプライチェーンを取り巻く環境変化は近年激しさを増しており、多様化するリスクや社会的要請など様々な要因を踏まえた、柔軟なSCネットワークデザインが求められています。
 

SCネットワークデザインは、どこで・どれだけ・何を生産・保管し、どのように顧客に届けるかを設計し、トレードオフの関係にあるコスト、サービスレベル、在庫などの指標をもとに評価します。

無数にあるネットワークの選択肢から人手で最適解を算出することは困難なため、現状のネットワークをモデル化し、様々な制約や変動要素を加味してシミュレーションを実施するためのツールの確立が不可欠です。
 

さらに、ツールを用いたネットワークデザインを担う組織、プロセスを定義することで、継続的にネットワークを見直し、環境変化に迅速に対応することができるようになります。


SCネットワークデザインとは

ネットワークデザインとは
※画像をクリックすると拡大表示します

SCネットワークデザインのトータル支援

デロイト トーマツでは、現状SCネットワークの分析・可視化やネットワーク再編施策の立案だけでなく、事業環境の変化に応じてネットワークを最適化し続けるための評価手法*やデザイン業務プロセス・組織体制の構築など、サプライチェーンネットワークデザインを包括的に支援します。

 *Coupa社が提供する、Coupa Supply Chain Design & Planning(サプライチェーンネットワークシミュレーター)を活用


プロジェクトアプローチ

プロジェクトアプローチ
※画像をクリックすると拡大表示します

プロフェッショナル

寺西 雅尚/Masataka Teranishi

寺西 雅尚/Masataka Teranishi

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

日系コンサルティング会社を経て現職。製造・流通・小売・物流業に対して、ロジスティクスを中核としたSCM改革のコンサルティングに従事。DXによる事業変革、サプライチェーン・ロジスティクスのネットワーク再編、物流コスト削減、倉庫自動化、オペレーションのデジタル化などの経験を豊富に有している。戦略を描くだけではなく、現場に落とし込み推進していくことに強みを持つ。   関連するサービス ・サプライチェーン... さらに見る