Future of Trust

すべての行動に『信頼』を

『信頼』は、個人の関係を向上させるためにだけでなく、組織戦略を成功させるための鍵にもなります。『信頼』が重要となる新しい時代において成功するために、企業は『信頼』の質を常に高めていくことが求められています。デロイト トーマツは『信頼』を可視化して診断し、あらゆる場面において最大化することを支援します。

お問い合わせはこちら

『信頼』を形にする:『信頼』を組織に根付かせるための5つのステップ

「測定できないものは改善できない」という格言があります。デロイト トーマツは、最先端の技術に基づき開発された診断ソリューションを活用し、体系的にアプローチすることで企業の『信頼』を定量化し信頼される企業となるために支援します。

調査

業界や業種における『信頼』とは何を意味するでしょうか。本ステップでは、組織内の『信頼』に対する初期認識を把握し、その認識が組織の部門、事業部、地域によって異なるのか、またどのように差異が生じているかを検証します。そして、様々なステークホルダーの目に映る『信頼』への期待を理解することから始めます。

診断

本ステップでは、デロイト トーマツが開発した診断ソリューションであるTrustIQ™を活用し、組織の『信頼』の現状を可視化します。 まずは、『信頼』に関する以下の点を測定します。

  • 信頼度を向上させるために組織が取るべき行動
  • 主要なステークホルダーからのリアルタイムの信頼度の算出

次に、測定結果を業界や業種のベンチマークと比較し、最終的にギャップ、強み、機会など『信頼』に関する詳細かつ定量的な評価を行います。

決定

組織の『信頼』に対するギャップがどこに存在するかを診断した後は、対応すべき優先事項を明確にすることが重要です。そのために、診断結果を活用して組織の『信頼』を向上、保護、再構築するために注力すべき分野の優先順位付けを支援します。

実行

本ステップは最も重要であり、かつ最も難易度が高いものです。
組織を内側から変革するためには、優先順位の高い項目に対して適切なリソース配分と意思決定を行い、その変革をやり遂げる必要があります。『信頼』は、時間の経過とともに変化するため、『信頼』の調査、診断、決定、実行のすべてを組織のDNAとして、継続的に繰り返すことが重要です。

維持

『信頼』は人生で最も重要であるとともに、決して一度きりの課題ではありません。むしろ、『信頼』に対するギャップがないか、『信頼』が損なわれていないか、常に意識していくことが重要です。本ステップは、組織が直面する様々な要因が変化し続ける中で、これまでの取組みを継続的に行い、『信頼』を維持するために必要です。『信頼』は、新しい環境に備えることで、その全ての効果を発揮することが出来ます。

Introducing Trust IQ

デロイト トーマツの TrustIQ™ は、組織における『信頼』の現状を定量化する診断ソリューションです。TrustIQ™は、17のドメインにわたって組織のパフォーマンスを評価し、業界ベンチマークと比較することで、企業が優先的に注力すべき領域を明らかにします。企業を取り巻くエコシステムの中で、ステークホルダーとの『信頼』を守り、強化し、促進するための戦略的な行動を取ることで、『信頼』を強みに変えていきます。

  • Introducing TrustIQ

  • The TrustIQ Advantage

Insert Custom HTML fragment. Do not delete! This box/component contains code that is needed on this page. This message will not be visible when page is activated.
+++ DO NOT USE THIS FRAGMENT WITHOUT EXPLICIT APPROVAL FROM THE CREATIVE STUDIO DEVELOPMENT TEAM +++

Scroll to ID Utility