ナレッジ

令和2年3月決算における税務上の留意事項

Japan Tax Newsletter:2020年3月1日号

令和2年3月決算を迎える法人においては、主に令和元年度税制改正が初めての適用を迎え、また、税効果会計の適用に当たり考慮すべき事項に追加される。令和元年度税制改正では、法人課税一般において、デフレ脱却と経済再生を確実なものにするため、研究開発税制の見直しなどの措置が講じられている。また、国際課税では、「BEPSプロジェクト」への対応として、過大支払利子税制及び移転価格税制の見直し、外国子会社合算税制の見直しなどが行われている。

本ニュースレターでは、令和元年度税制改正のうち、法人の令和2年3月決算に影響を与える主な事項を中心に、その留意事項を解説する。

はじめに
法人税一般 
  1. 試験研究を行った場合の法人税額の特別控除制度の見直し
  2. 中小事業者関連
  3. その他
  4. 組織再編税制等
  5. 地方税体系の見直し
国際課税 
  1. 過大支払利子税制の見直し
  2. 外国子会社合算税制の見直し
  3. その他

*全文はPDFをご覧ください。

(639KB, PDF)

※本記事は、掲載日時点で有効な日本国あるいは当該国の税法令等に基づくものです。掲載日以降に法令等が変更される可能性がありますが、これに対応して本記事が更新されるものではない点につきご留意ください。

 

関連するサービス

お役に立ちましたか?