最新動向/市場予測

Fastプログラム FAQ

Fastプログラムでお問い合わせ頂くことの多い事項をまとめております

日本テクノロジー Fast 50とは?

TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の国内の急成長企業50社を収益(売上高)に基づく成長率でランキングし、顕彰するプログラムです。

<沿革>
1995年にカリフォルニア州シリコンバレーの中心都市であるサンノゼで開催されて以来、企業の成長性や成功を知るベンチマークの一つとして認められ、世界各国に広がりました。現在では約40カ国にて展開され、世界3極(アジア太平洋地域、EMEA地域、北米地域)にて開催される「テクノロジー Fast 500」へのランキングへと集約されます。
日本では2002年に「アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」が、翌2003年から「日本テクノロジー Fast 50」がスタートしました。「日本テクノロジー Fast 50」の応募企業は自動的に「アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」の候補企業となります。

※2017年度「日本テクノロジー Fast 50」のランキング基準は、直近3決算期の収益(売上高)に基づく成長率としております。

<対象分野>
ハードウエア、ソフトウエア、通信、メディア、ライフサイエンス、クリーンテック

<実施国>
日本、オーストラリア、中国、インド、ニュージーランド、台湾、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イスラエル、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、トルコ、イギリス、カナダ、アメリカ等

アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500とは?

TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の世界3極(アジア太平洋地域、北米地域、EMEA地域)の地域レベルでの急成長企業500社を収益(売上高)に基づく成長率でランキングし顕彰するプログラムです。

北米地域では1997年から、EMEA地域、アジア太平洋地域では2002年より実施しています。
「日本テクノロジー Fast 50」の応募企業は自動的に「アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」の候補企業となります。

※2017年度「アジア太平洋地域 テクノロジー Fast 500」のランキング基準は、直近3決算期の収益(売上高)に基づく成長率としています。

関連リンク(英語ページ)
Technology Fast 500 Asia Pacific

実施する理由は?

各企業の知名度の向上およびテクノロジー業界におけるベンチマークのご提供による業界貢献を目指しています。

デロイト トウシュ トーマツ リミテッドでは、「グローバルな舞台で認識されること」がテクノロジー企業にとって大切であると考え、このプログラムを通し、国を越えた活動を必要とするテクノロジー企業をグローバルベースでご紹介しています。このプログラムでは、ランキング指標を収益(売上高)成長率としている事により、企業規模に関係なく対等に評価し、各企業の知名度の向上に結びつけるだけでなく、テクノロジー関連業界の方々への情報・ベンチマークのご提供をし、結果として業界全体の高揚に大きく貢献することを目指しています。

活動の由来は?過去の活動実績は?

1995年にアメリカで始まり、日本では2003年からスタートしました。

「テクノロジー Fast 50」は1995年にアメリカに始まりました。以来、世界各国に広がり、企業の成長性や成功を知るベンチマークとして急速に認められるようになりました。そしてさらに、アメリカの各州、カナダ、ヨーロッパ諸国の「Fast 50」の開催規模が大きくなり、地域レベルへ発展し、「北米地域 テクノロジー Fast 500」が1997年、「EMEA地域 テクノロジー Fast 500」と「アジア太平洋地域 テクノロジー Fast 500」は2002年に始まりました。アジア太平洋地域の国々での「Fast 50」開催は、オーストラリアでは2001年、韓国では2002年からです。日本では、2003年に「Fast 50」をスタートしました。

関連リンク (英語ページ)
Technology Fast 500 Asia Pacific
Technology Fast 500 EMEA
Technology Fast 500 North America

応募企業にはどのようなメリットがあるのですか?

世界的に知名度を高める、グローバルなネットワークづくりができます。

Fast 50、Fast 500の受賞は、テクノロジー業界における自社の位置づけを確認する機会になります。企業の知名度が上がる、ビジネスパートナーの注目を集める、従業員がより誇りを抱く、メディアに報道されるという利点が期待できます。また、世界的に実施しているプログラムであるため、全世界へ知名度を広げるチャンスになります。著しい成長を遂げたとして認められる選り抜きのテクノロジー企業グループの一員となり、ネットワーク構築の可能性を高め、将来のベストプラクティスの基礎固めを進める企業のコミュニティ形成に役立ちます。さらに、受賞企業は、受賞についてのプレスリリースなどにより、PRにお役立ていただけます。

デロイト トウシュ トーマツ リミテッドでは、「グローバルな舞台で認識されること」がテクノロジー企業にとって大切であると考え、このプログラムを通し、国を越えた活動を必要とするテクノロジー企業をグローバルベースでご紹介したり、交流の場をご提供しています。このプログラムでは、ランキング指標を収益(売上高)成長率としている事により、企業規模に関係なく対等に評価し、各企業の知名度の向上に結びつけるだけでなく、テクノロジー関連業界の方々への情報・ベンチマークのご提供をし、結果として業界全体の高揚に大きく貢献することを目指しています。

応募はどのようにするのですか?

「日本テクノロジー Fast 50」の応募方法はこちらのページをご覧ください。

どのような企業が応募対象となりますか?

応募資格はこちらのページをご覧ください。

どのような企業が受賞するのですか?

エントリーフォームよりご応募をされた企業がランキングの対象となります。

応募方法についてはこちらのページをご覧ください。

※上場企業データベース調査から抽出した企業には、事務局より個別に応募のご案内を差し上げる場合がございます。

また過去の受賞企業については、Fast 50 Winners Report および Fast 500 Winners Report のページをご覧ください。

受賞企業の収益が公表されないのはなぜですか?

アジア太平洋地域の法律の下で、収益を公開することを求められない未上場会社が含まれているため、発表しないこととしております。

ランキング基準を収益(売上高)成長率にするのはなぜですか?

利益または、収益の面からテクノロジー企業をランキングする様々な方法を慎重に検討した結果、収益に基づく方法が、成長速度の速い企業のランキングを最も客観的に決定できるという結論に達したためです。 

ランキング発表はいつですか?

「日本テクノロジー Fast 50」のランキング発表および授賞式は2018年10月中旬、また「アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」のランキング発表は2018年12月を予定しています。

受賞企業は何を受け取りますか?

「日本テクノロジー Fast 50」の授賞式では、トロフィーの授与を予定しております。

Winners Reportとは何ですか?

応募の際にWeb応募フォームにご記入いただいた事項をもとに、受賞企業を傾向等を分析したレポートです。
データは総合的に扱い、統計のみに使用し、その他への利用や第三者への提供はせず、個別扱い致しません。

過去のWinners Reportは、Fast 50 Winners Report および Fast 500 Winners Report のページをご覧ください。

質問などの連絡先はどこですか?

テクノロジー Fastプログラム 日本事務局にお問い合わせください。

有限責任監査法人トーマツ 
テクノロジー Fastプログラム 日本事務局

〒100‐6211 東京都千代田区丸の内1-11-1 PCPMビル
Tel : 080-3468-5312
Email : fast_japan@tohmatsu.co.jp

Fastプログラムは誰が運営を行っているのですか?

デロイト トウシュ トーマツ リミテッドのTMTインダストリーグループが運営を行っています。

TMT(Technology, Media & Telecommunications)インダストリーグループは急成長するテクノロジー企業を顕彰する「テクノロジーFast 50」と「テクノロジー Fast 500」プログラムを運営しています。TMTインダストリーグループは世界中のテクノロジー、メディア、テレコミュニケーション分野の企業にサービスしてきた経験豊かな専門スタッフで構成されています。私たちの顧客はソフトウェア、半導体、ケーブル、メディア、出版、コミュニケーション・プロバイダー、ネットワーキング、ワイヤレス、コンピュータとその周辺機器、グリーンテクノロジーなどそれらの関連事業にわたっています。
TMTスペシャリストは、ビジネスが成長して行く各段階でこれらの企業が直面する課題を理解し、成功に向けて支援することをその責務と考えています。デロイト トウシュ トーマツ リミテッドはテクノロジー、メディア、テレコミュニケーション企業の各顧客に、戦略面、実務面での支援を提供するリーダーです。

関連リンク(英語ページ)
Deloitte Global / Technology, Media & Telecommunications

お役に立ちましたか?