フットボールマネーリーグ

調査レポート

Football Money League

フットボールマネーリーグ(日本語抄訳版)

世界で最も収益をあげているサッカークラブのランキングと財務的な観点からみたパフォーマンスに関する比較分析をお届けします。

調査レポート一覧

Football Money League(日本語抄訳版)

Deloitte UK Sports Business Groupが毎年発行している『Deloitte Football Money League』の日本語抄訳版です。

フットボールマネーリーグ 2020(日本語抄訳版)
Eye on the Prize

FCバルセロナが初めてトップの座に輝き、8 億ユーロを突破した初のクラブとなりました。レアル・マドリードが2 位に順位を下げたものの2年連続でスペインのチームが1位と2 位を独占しました。

詳細はこちら
 

フットボールマネーリーグ 2019(日本語抄訳版)
Bullseye

レアル・マドリードが、ピッチで前例のない好成績を残し、3 年連続でチャンピオンズリーグのタイトルを獲得しましたが、マネーリーグでも2017/18シーズンに7億5,000万ユーロを超える収入をあげ、首位に返り咲きました。FCバルセロナは2 位を勝ち取り、スペインのクラブが1位と2 位を独占。マンチェスター・ユナイテッドが3 位に滑り込みました。

詳細はこちら
 

フットボールマネーリーグ 2018(日本語抄訳版)
Rising Stars

イングランドから過去最多(10チーム)のクラブがトップ20入りした今回のマネーリーグでは、マンチェスター・ユナイテッドが10度目の首位を獲得。ストックホルムで開催されたUEFAヨーロッパリーグでタイトルを勝ち取ったことが、マンチェスター・ユナイテッドをトップの座に留まらせる決定要因となり、UEFA主催大会のうち2番目に大きい同リーグの価値を示す結果となりました。

詳細はこちら

フットボールマネーリーグ 2017(日本語抄訳版)
Planet Football

マンチェスター・ユナイテッドが515百万ポンドで2003/04シーズン以来の首位を奪還した今回のマネーリーグでは、上位3チームの顔ぶれは1996/97シーズンと同じくマンチェスター・ユナイテッド、FCバルセロナ、レアル・マドリードの順となっていますが、収益は7倍以上に成長しています。

詳細はこちら
 

フットボールマネーリーグ 2016(日本語抄訳版)
Top of the table

レアル・マドリードが11年連続でマネーリーグの首位を獲得しましたが、来年度は首位の座を虎視眈々と狙うマンチェスター・ユナイテッドにその座を明け渡すことになるでしょう。

PDFはこちら
 

フットボールマネーリーグ 2015(日本語抄訳版)
Commercial breaks Football

レアル・マドリードは「2つの10個目の栄冠(Double Decima)」を手にしました。彼らは10年連続でマネーリーグのトップの座に立ち、同じ年に10度目のヨーロッパチャンピオンに輝きました。

PDFはこちら
 

フットボールマネーリーグ 2014(日本語抄訳版)
All to play for

トップ20クラブの収入の合計は2012/13シーズンに54億ユーロ、2011/12との比較で8%増となりました。

PDFはこちら
 

関連サービス

デロイト トーマツ グループのスポーツビジネス

デロイト トーマツ グループは、財務会計、戦略、マーケティング、業務改革など、あらゆる分野のプロフェッショナルを擁し、スポーツビジネス領域におけるグローバルでの豊富な知見を活かしながら、全面的に事業支援を行う体制を整えています。またコンサルティング事業の他、国内外のスポーツ関連メディアへの記事寄稿などを通し、スポーツ業界全体への貢献も積極的に行っています。

スポーツビジネス:トピックページ

 ■ スポーツビジネス
■ 収益の最大化
■ アセットの強化
■ 戦略立案・実行
■ 経営基盤の強化
■ リーグ経営
■ 自治体とスポーツビジネス

調査レポート、サービスに関するお問合せ

>> 問い合わせはこちら(オンラインフォーム)

※ 担当者よりメールにて順次回答致しますので、お待ち頂けますようお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?