調査レポート

Football Money League 2020

フットボールマネーリーグ2020

2018/19シーズン、世界で最も収益をあげているサッカークラブを紹介する調査レポートです。

第23版 調査レポート概要

Football Money League
Eye on the Prize

2020年1月

Deloitte UKのスポーツビジネスグループがまとめたフットボールマネーリーグ(第23版)において、世界の上位20のサッカークラブが2018/19シーズンに上げた収益の総額は史上最高の93億ユーロ(2018年:83億ユーロ)を記録し、前年比11%の増加となったことが明らかになりました。

初めてトップの座に輝いたFCバルセロナは8億ユーロを突破した初のクラブとなり、8億4,080万ユーロの収入をあげました。昨年1位のレアル・マドリードは7億5,730万ユーロの収入をあげたものの、2位に順位を落としました。

デロイト フットボール マネーリーグでは、入場料収入(チケット収入、法人年間契約席を含む)、放映権収入(国内リーグ、各種カップ戦、欧州選手権出場からの分配金を含む)、および商業収入(スポンサー収入、グッズ販売等マーチャンダイジング収入、スタジアムツアー、その他のスポンサー業務かもたらされる収入を含む)から生み出される各クラブの収入をもとにランキングを作成おり、本レポートはサッカー界で主要なベンチマークツールとして認識されています。

詳細はこちら(Deloitte UK)

Football Money League 2020(日本語抄訳版)

こちらからレポート日本語抄訳版[PDF]のダウンロードができます。

 

 

 

[PDF:4.9MB]

Football Money League 

過去発行された「Football Money League(日本語抄訳版)」一覧です。

関連サービス

デロイト トーマツ グループのスポーツビジネス

デロイト トーマツ グループは、財務会計、戦略、マーケティング、業務改革など、あらゆる分野のプロフェッショナルを擁し、スポーツビジネス領域におけるグローバルでの豊富な知見を活かしながら、全面的に事業支援を行う体制を整えています。またコンサルティング事業の他、国内外のスポーツ関連メディアへの記事寄稿などを通し、スポーツ業界全体への貢献も積極的に行っています。

スポーツビジネス(Topページ)

 ■ スポーツビジネス
・ 収益の最大化
・ アセットの強化
・ 戦略立案・実行
・ 経営基盤の強化
・ リーグ経営
・ 自治体とスポーツビジネス

レポート、サービスに関するお問合せ

>> 問い合わせはこちら(オンラインフォーム)

※ 担当者よりメールにて順次回答致しますので、お待ち頂けますようお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?