調査レポート

グローバル ヒューマン キャピタル トレンド 2016

新たな組織-デザインの転換

世界130カ国、7,000人以上のビジネスリーダー並びに人事責任者・担当者に行ったアンケート結果を基に、「グローバル ヒューマン キャピタル トレンド2016」を発表。グローバルでの人材・人事の課題と、日本に特徴的な傾向をまとめました。

国境を越えた圧倒的な力が、職場、働く人、そして仕事そのものを根底から変えようとしています。この変化を世界中の企業と経営者にお伝えするために、130か国7,000人を超えるビジネスとHRの責任者の声を集約した調査、デロイト「2016 グローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド・レポート(英語サイト)」を発表いたします。

本年度のメインテーマ「新たな組織-デザインの転換 The New Organization – Different by Design」には、本調査の主要な結果が反映されています。

過去3年の調査では「従業員のエンゲージメントとリテンション」「リーダーシップ」「組織文化」が一貫したトップの課題でした、本年度は「組織デザイン」が最優先課題として圧倒的な票を集めました。 

 

〔PDF:5.8MB〕

Global Human Capital Trends 2016が取り上げる10のトレンド

 

  • 組織デザイン/チームの台頭
  • リーダーシップの覚醒/ジェネレーション、チーム、科学的アプローチ
  • 組織文化/文化を醸成し、戦略をドライブする
  • エンゲージメント/いつでもどこでも
  • ラーニング/従業員を主役とした学習・人材開発へ
  • デザイン思考/自社固有のエンプロイー・エクスペリエンス
    (従業員の経験価値)を創造する
〔PDF:1.3MB〕
  • HR/新たな使命に向けて動き出したHR組織
  • ピープル・アナリティクス/展開加速中!
  • デジタルHR/進化を超え、革新を起こす
  • ギグ・エコノミー/単なる混乱か、破壊的革新か?

 

〔PDF:1.2MB〕

『Global Human Capital Trends 2016』が取り上げる10のトレンド(主要国別)



お役に立ちましたか?