最新動向/市場予測

未来の医療/ライフサイエンス企業はどのように戦うか?

シリーズ “Predictions 2020-2030” 第1回

2020~2030年における世界・日本の医療の未来予想図とその中でのライフサイエンス企業の戦い方とは?

関連コンテンツ

経済、人口ともにアジア・アフリカを中心として拡大し続ける中で、新興国や発展途上国での生活環境の向上から地域間での疾患構造の差が縮まり、多くの人が生活習慣病に悩まされる2020~2030年の世界。日本では超高齢化社会の到来とともに、医療先進国の欧米諸国に一足遅れて、コンシューマリズムの立ち上がりや保険制度改革の動きが起こっていく。刻々と変化する人々のニーズに対し、進化するサイエンス・テクノロジーを武器にして、ライフサイエンス企業は生き残りをかけた戦いを強いられるだろう。規制環境の厳しさから最先端技術の実用化が迅速に進まず医療全体としては一歩遅れている日本をベースにビジネスを展開する日系企業にとって、目先に留まらず将来を、日本に限らず世界を広く見通した上で、次の一手を考え行動に移していくことがカギとなる。
本稿では、Deloitteの英国チームが2014年に発表したPredictions 2020を踏まえ、2020~2030年における世界・日本の医療の未来予想図とその中でのライフサイエンス企業の戦い方について述べる。

(965KB,PDF)
お役に立ちましたか?