最新動向/市場予測

ファイナンスが果たす役割・機能はどう変化するか?

シリーズ “Predictions 2020-2030” 第7回

ライフサイエンス企業を取り巻く事業環境が大きく変化する中、ファイナンスの役割にも進化が求められている。本稿では、企業がタイムリーかつ大胆な投資を行い、社内の非効率を排除して原資を生み、成長を続けるためにファイナンスが担うべき新たな役割つにいて考察する。

関連コンテンツ

ファイナンスが果たす役割・機能はどう変化するか?

政府・保険者の影響力増加、新興国市場の台頭、患者の積極的な関与、製品・サービスの高度化、オープンイノベーションの進展などを受け、ライフサイエンス企業を取り巻く事業環境は今後さらに大きく変化していくこととなる。ライフサイエンス企業には、タイムリーに大胆な投資を行うとともに、社内の非効率を排除して原資を生み、時々刻々と変化し続けていくことが求められる。
この中で、ファイナンスは、従来の迅速・正確な予算・実績の管理を求められる立場から、事業を変革し、コントロールする立場へと進化することが求められると我々は考えた。本稿では2030年を見据え、ファイナンスが具体的にどのような進化を実現するべきなのかを以下の3つの観点から考察したい。

  1. 攻めの投資を実現するファンドマネジメント
    (高度な資金調達、運用、コミュニケーションサイクルの運営による大胆な投資の実施・マネジメント)
  2. 徹底したリーンオペレーションの実現
    (ロボティクス、Global Business Servicesの活用を通じたトランザクション業務の効率化)
  3. アナリティクスを通じた変革の推進
    (外部・内部データからの意味ある情報の抽出、変革の推進)
(PDF,735KB)
お役に立ちましたか?