ナレッジ

ROE経営を再び考える

化学企業向け Newsletter「扉」vol.17

化学業界の経営環境との関連性を検討した上で、日本の化学企業がROEにどのように向き合うべきかについて提示する。(Process Sector Newsletter「扉」Vol.17 2015/4)

ROE経営を再び考える

今号は「ROE経営を再び考える~ROEから見る日本化学企業の戦略方向性~」と題し、最近、新聞記事などの報道や企業からの発信で頻繁に登場している経営指標ROE(自己資本収益率)を取り上げる。

ROEの具体的数値を経営目標として掲げる化学企業が増えている。市場はもとより、政府関係者からもROEを重視した経営を促す声が聞かれるようになり、全ての企業においてROEが自社にとってどのような意味合いを持つかを検討し、市場にも自社の戦略構築にもどう対応するか考えておかざるを得ない状況となっている。

そこで今号では、化学業界の経営環境との関連性を検討した上で、日本の化学企業がROEにどのように向き合うべきかについて提示する。

(Process Sector Newsletter「扉」 Vol.17 2015年4月発行)

 

【目次】

はじめに

あらためて注目されているROE

ROEの持つ意味合い

化学メーカーの経営環境とROEとの関連性

ROEとどう向き合うべきか~終わりに

 

※ Newsletter「扉」をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連するサービス

・Advanced Materials Systems

お役に立ちましたか?