サービス

Smart Factory 導入支援サービス

工場へのデジタル技術活用を通じてスマート化することで、飛躍的な労働生産性向上を実現し、製造におけるビジネス課題の解決を実現する

デジタル技術活用による製造の変革は既に始まっている

第3次産業革命により生産性を成長させてきた製造業でしたが、この10年間停滞の期間を送っていると言われています。しかしその中で、世界では製造機能にデジタル技術(IoT/AI、3DPなど)を活用することで、ビジネスモデル変革やQCDの圧倒的な改善を成し遂げているプレイヤーが出現してきています。一方、日本企業においては工場のデジタル化の目的や効果を訴求し切れず、取り組みが停滞している様子が多々見受けられます。この変革期でどのような活動を行うかで、今後描かれる成長曲線の差はますます広がっていくと考えられます。


到来する第4次産業革命

到来する第4次産業革命
※画像をクリックすると、拡大表示されます

取り組むべきユースケースは多岐にわたり、ビジネス課題解決の手段は様々な形で提供されている

一言でデジタル化と言ってもその内容は多岐にわたります。これらのテクノロジーが生み出す価値は、効果を発揮する工程も異なれば、改善されるKPIも異なります。ビジネス変革を成し遂げている企業は、自社の課題点の克服のために必要なテクノロジーを正しく選択し、適用するための取り組みを根気強く続けています。一方、解決すべき課題が定まらない中でテクノロジーの活用を試みる企業は、変革の推進に苦労をしているケースが多く、スマートファクトリーの推進においては課題設定が重要であることが見て取れます。
 

スマートファクトリーを実現するユースケース(例)

スマートファクトリーを実現するユースケース(例)
※画像をクリックすると、拡大表示されます

工場の目指す姿(ゴール)を描き、現状とのGapを埋めるためのデジタル技術の適用を進める必要がある

QCD最大化/マスカスタマイゼーション実現など、製造機能の目指す姿(ゴール)を明確に描き、実現に必要な施策の定義、投資効果算定、ロードマップ策定など目的思考で取り組みを構想し、経営層から継続的な投資を引き出さなければ、効果のあるデジタル技術活用を進めることは難しいと考えられます。
 

※画像をクリックすると、拡大表示されます

スマートファクトリーの推進においては、初期段階での課題設定や目指す方向性の合意が成功の成否を分ける

スマートファクトリーの導入を、単に目の前の業務をデジタル化することと捉えていては、大きな効果を創出すること・目的を達成することは出来ない。経営課題を解決するために経営層も含めて構想を描くことから始めることで、成功確率は大きく上がる。社内の一大プロジェクトとして、構想を築き、ロードマップを策定し、企画を推進していくプログラムが必要になる。全社として抱えている経営課題を整理し、そこから製造部門に要求される課題を明確にする。

デロイト トーマツ コンサルティングではこのスマートファクトリーによるビジネス変革で必須の項目となる構想策定をお客様と共に描く多様なサービスを提供している。
 

スマートファクトリー推進のアプローチ

スマートファクトリー推進のアプローチ
※画像をクリックすると、拡大表示されます

 

デロイト トーマツ コンサルティングが提供するサービス

デロイト トーマツ コンサルティングが提供するサービス
※画像をクリックすると、拡大表示されます

スマートファクトリーにおける動機付け・構想策定から実行支援まで、End to Endでサービス提供

スマートファクトリーの推進においてはワークショップや成熟度診断を通じて、その必要性や目指す方向性について経営層をも巻き込んで合意形成していくことが求められます。デロイト トーマツ コンサルティングでは顧客のスマートファクトリー推進を初期段階から支援するプログラムを提供しており、施策トライアルや導入展開においても支援サービスを提供しています。
 

プロフェッショナル

藤岡 稔大/Toshihiro Fujioka

藤岡 稔大/Toshihiro Fujioka

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

外資系ERPベンダーから、大手コンサルティング会社を経て現職。一貫してSCM、生産管理領域の業務/組織/システム設計に従事。グローバル需給調整プロセス、S&OPの構築プロジェクトの経験が豊富であり、グローバルかつ大規模プロジェクトのマネジメントに強みを持つ。 関連サービス ・ サプライチェーンマネジメント(SCM)(ナレッジ・サービス一覧はこちら) >> オンラインフォームよりお問い合わせ... さらに見る