ナレッジ

Digital Transformation for Internal Audit

内部監査のあるべき姿を目指すアプローチ

グローバル企業の経営者は、内部監査に対して最も重大なリスクに対して客観的な保証を提供し続けると同時に、新たに発生するリスクの予測を含め、変化するリスクとコントロールの状況について助言する役割を強く期待しています。

内部監査の変革

内部監査は、企業経営に貢献するために、今まで以上にコスト意識とリスク対応力を高め、よりスマートになることを目的として、単なる分析や自動化といったことを超えて有効なデジタル技術の導入を検討する必要があります。

長期的には、デジタル対応の変革、継続的なリスク評価、テストの自動化、探索的データ解析、そしてより広く言えば、コストを削減し価値を高める新たな方法、例えばアジャイル型手法の導入等を検討すべきだと考えます。

Internal Audit3.0

デロイト トーマツが提唱する「Internal Audit3.0」は、内部監査のミッションを達成するためのフレームワークであり、保証(Assure)・助言(Advise)・予測(Anticipate)の3(トリプル)Aの価値で考えることが重要であると捉えています。

内部監査におけるレジリエンス構築の基本原則
※クリックまたはタップして拡大表示できます

 

内部監査のデジタル変革は長い道のりです。無事に到着するために、戦略とロードマップは不可欠です

デジタル化の流れ

企業活動を行う上で、テクノロジーが担う役割が拡大の一途をたどり、非常に興味深い時代に突入している。高度なアナリティクス、ロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)、およびコグニティブ・インテリジェンス(CI)における技術の進歩とトレンドは、急速にビジネスモデルを再編成し、生産性を改善している。また、リモートワークの実現においてテクノロジーの活用は不可欠であり現在のオペレーションのあらゆる側面において既に基盤となっている。
 

ビジョンと戦略・人材・プロセス・テクノロジーの観点でロードマップを描きます
※クリックまたはタップして拡大表示できます

ガバナンスの構造の最適化

テクノロジーの活用を前提に3Line Of Defenseのデザインを見直し、それぞれの役割をより効率的で高度に変革することが必要となります。

Internal Audit3.0を実現するためのサービス紹介

保証(Assure)

Assureが内部監査の中心的な役割であることに変わりありませんが、方法論やテクノロジーの活用で、より正確に効率的に実施する必要があります。

Cyber IA

サイバー対策は、ITの課題ではなく、経営課題です。内部監査部門が対応すべきリスクの領域は広がっています。

Risk Analytics on Cloud

デロイト トーマツのリスクシナリオの知見を活かして、貴社がプログラミングの必要ない分析サービスを活用して、効率的にリスク識別と対応を可能とします。

SOXテスト自動化

SOXテストは毎年発生する定型業務であり多大な工数を要するため、自動化によるメリットは大きく内部監査の構造改革を支援します。

GRCツール

監査に関連する情報を集約し、価値ある分析とタイムリーな報告を可能とする。

 

助言(Advise)

効果的なAssureの結果は、ファーストラインやセカンドラインに対するAdviceとして機能します。テクノロジーの活用や新たな方法は、より的確なAdviceの基礎となります。

プロセスマイニング

業務プロセスの運用状況を可視化し、内部統制の不備やイレギュラー処理、ルールの不徹底など不正の兆候となる処理をリアルタイムでモニタリングすることが可能です。

 

予測(Anticipate)

Anticipateを通じて、ビジネス上のリスクを的確にコントロールすることが重要です。テクノロジーの活用やタイムリーなモニタリングを通じて、内部監査が提供すべき価値として重要になってきています。

Risk Analytics on Cloud

デロイト トーマツのリスクシナリオの知見を活かして、貴社がプログラミングの必要ない分析サービスを活用して、効率的にリスク識別と対応を可能とします。

Risk Sensing

真のリスク検査、計測および問題の追跡プログラムを構成し、実行することが重要です。

 

人材育成と方法論

Internal Audit3.0を実現するためには、高度なスキルを有した監査人の育成と新たな監査の方法論について検討することが重要です。

Purple People

業務とITに精通した人材の育成が重要です。 デロイトトーマツでは内部監査人材として、業務とITに精通した人材(Purple People)育成に関する研修およびラボについてサービスを提供しています。

アジャイル型内部監査

ステークホルダーのニーズにフォーカスし、タイムリーに洞察を提供しながら監査サイクルを短縮することに特徴があります。

お役に立ちましたか?