ナレッジ

業務改革プロジェクトにおける成功要因とリスク

成功要因を踏まえたアプローチで業務改革の成功確率を高める(プレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス:PPA)

業務改革プロジェクトの成功要因として、明確なビジョン、強固なリーダーシップ、ステークホルダーの関与などがあげられます。それら成功要因に対し適切な対応を行うことで業務改革プロジェクトのリスク低減につながります。 デロイト トーマツのPPAはプロジェクトの複雑さと管理状況をヒアリングし、プロジェクト成功要因を踏まえたプロファイルを生成して、リスクが顕在化する前に改善アクションにつなげるソリューションです。

業務改革プロジェクトは失敗するリスクの高い活動である

厳しい競争を勝ち抜き企業を成長させるために、多くの企業が業務改革のプロジェクトを実行していますが、業務改革は各プロジェクト固有の活動であり、手順通りやればできるというものではありません。

競合、法規制、地域の特性など企業のおかれる外部環境や、企業における優先度、多岐にわたる関係者との利害関係、許容される投資規模といった内部環境に応じ、適切なゴール設定や計画策定、実行の管理、ステークホルダーの巻き込みなどが求められます。

また、多くの企業において業務変革を行うにあたって十分な体制を準備できておらず、投資した費用や期間、人材等に対して十分なリターンが得られていないとも言われています。

 

業務改革プロジェクトでは成功要因と失敗するリスクの分析が不可欠である

業務改革については様々な調査がなされており、業務改革プロジェクトに共通する成功・失敗の要因といったものも研究されています。このような調査・研究成果から抽出された知見を踏まえることでプロジェクトリスクの低減につなげることができると考えられます。

業務改革プロジェクトに関するある研究においては、業務改革において注意すべきポイントがいくつかあげられており、ステークホルダーの理解・関与や、ビジョンの設定・浸透、リーダーシップの重要性が示されています。

 

企業変革の落とし穴例:

  • 「変革は緊急課題である」ことが全社に徹底されていない
  • 変革推進チームのリーダーシップが不十分である
  • ビジョンが見えない
  • 社内コミュニケーションが絶対的に不足している
  • ビジョンの障害を放置してしまう
  • 計画的な短期的成果の欠如
  • 早すぎる勝利宣言 (※変革が十分定着するまえに活動を完了させること)

(出所: 「チェンジ・リーダーの8つの心得:企業変革の落とし穴」、ジョン P コッター、ハーバード・ビジネス・レビュー 1995年7月号)

 

データを用いて成功要因と失敗するリスクを特定しプロジェクトを成功に近づける

デロイト トーマツのプレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA)では、ヒアリングを通してプロジェクトの複雑さ、およびプロジェクト管理、コントロール状況について評価します。その評価の結果、過去のプロジェクト実績を蓄積したデータベースと比較するための「プロジェクトのプロファイル」を作成します。

プロジェクトの複雑さに関するプロファイル作成にあたっては、5つのカテゴリーに分類される50の要素を、プロジェクト管理・コントロールに関するプロファイル作成にあたっては、7つのカテゴリー、172の要素を評価します。

これらのカテゴリー、要素には業務改革プロジェクトの成功要因としてあげられるビジョンの明確さ、トップマネジメントやステークホルダーの関与といった項目もカバーしており、これらの要素を客観的に評価することで、業務改革プロジェクトの成功要因に対して不十分な個所を特定し、リスクが顕在化する前対策を検討することができます。

 

デロイト トーマツは、先進的なグローバル企業で活用されている「プレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA)」のメソドロジーにより、プロジェクトリスクをコントロールするために必要な知見を提供し、企業のプロジェクト目標の達成をサポートします。

 

複雑さの5カテゴリーと50の要素(イメージ)

※画像をクリックすると拡大表示します

コントロールの7カテゴリーと172の要素(イメージ)

※画像をクリックすると拡大表示します

本記事に関してのより詳細な内容や関連資料、プロジェクト事例の紹介資料等を多数用意しております。詳しい資料をご要望の場合は以下のフォームよりお問合わせください。

≫ お問合せフォーム ≪

 
お役に立ちましたか?