サービス

定量的データに基づくプロジェクトリスクの革新的な分析・管理によるプロジェクト目標の達成

プレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA)によるプロジェクトリスクの予測とマネジメント

デロイト トーマツのプレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA: Predictive Project Analytics)は、高度な分析により、従来のプロジェクト管理手法を補完し、様々なプロジェクトリスクをコントロールするための情報を提供することで、プロジェクト成功率を向上させるソリューションです。

プロジェクトの成功とリスク

厳しい競争を勝ち抜き企業を成長させるために、多くの企業が商品・製品開発、ビジネス改革、M&A、情報システム等を目的としたプロジェクトを実行しています。一方で、一部またはすべての目標を達成できないプロジェクトも多く、またプロジェクト規模が拡大するほどそのリスクは高まります。

プロジェクトの成功率
  • 60%の企業がプロジェクトの失敗を経験
  • 44%のプロジェクトが品質、予算、スケジュール目標のいずれかを未達
  • 15%のプロジェクトが品質、予算、スケジュール目標のすべてを未達、またはプロジェクトを中止
     
プロジェクト予算規模と成功率
  •  約3〜8億円のプロジェクト成功率は38%
  •  約10億円を超えるプロジェクトでは成功率は2%程度(推定)


※Deloitte GlobalのPredictive Project Analyticsより抜粋

 

※画像をクリックすると拡大表示します

データを用いたプロジェクトリスクの特定

プロジェクトリスクをコントロールしプロジェクトを成功に導くには、問題が顕在化する前に精度の高い情報を把握しリスクを特定して、必要な予防策を策定・実行することが有効です。
プレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA)は、何千もの成功プロジェクトから抽出された定量データによる高度な分析を行い、プロジェクト成功に向けた計画の策定や成功に向けた改善アクションの定義に必要な情報を提供します。
これにより、プロジェクト実行体制の持つ強みと弱みを把握し、プロジェクトを軌道に乗せ、コスト削減・コスト抑制につなげることが期待されます。

蓄積されたプロジェクトデータに基づく客観的分析

デロイト トーマツのプロジェクトデータベースには、何千ものプロジェクト情報が、それぞれ規模や複雑さ、プロジェクトマネジメント手法・特徴とともに蓄積されています。
このデータベースと、貴社の計画中または実行中のプロジェクトとを比較し、過去の成功プロジェクト・失敗プロジェクトの傾向データとの相関性を分析します。これらを活用することでプロジェクトのリスク把握と成功に向けたアクションプランの策定が可能となります。

期待される効果

プレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA)はプロジェクトリスクをコントロールするために必要な情報を提供することで、プロジェクト目標の達成をサポートします。また、以下のような効果も期待されます。

  • 優先度やキャパシティを考慮した、管理可能なプロジェクト目標の設定
  • 定量的データに基づく意思決定の精度向上と意思決定の客観性確保
  • 定量的リスクデータを用いたプロジェクトレビュー・評価の客観性向上
  • 定量的データに基づいたPDCAによるプロジェクト管理の効果・効率性向上
  • 過去の成功プロジェクトでのプロジェクトマネジメント手法の適用
 

プレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA: Predictive Project Analytics)に関するご相談、お問合せは以下よりお進みください

≫ お問合せフォーム ≪ 

プロフェッショナル

仁木 一彦/Kazuhiko Niki

仁木 一彦/Kazuhiko Niki

有限責任監査法人トーマツ パートナー

オペレーショナル・リスク・プラクティスの日本責任者、IR(統合型リゾート)ビジネス・プラクティスの責任者を務める。 公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士。 2000年公認会計士登録。 【オペレーショナル・リスク・プラクティス】 15年以上にわたり、リスクアドバイザリー業務に従事し、オペレーショナル・リスク領域のプロジェクト責任者を多数務める。 専門分野は、コーポレートガバナンス、内部統制、内... さらに見る