サービス

フォレンジック・アナリティクス(不正検知ツール)

財務データ・非財務データから、不正の兆候であるRED FLAGを検出します

フォレンジック・アナリティクスとは?

昨今の不正の早期発見へのニーズに合わせて、デロイトが開発した不正検知ツールです。入手可能なデータセットに、デロイト独自のシナリオをベースに構築された「テストロジック」を組み合わせ、横領・キックバック・贈収賄、会計不正などの様々な不正類型の兆候を、複数のダッシュボードで可視化します。

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

得られる効果・活用例

本ソリューションをご利用いただくことで、対象となる会社・期間・プロセス等におけるトランザクションを、網羅的かつ効率的に検証することが可能となります。その結果、現場への牽制効果が期待できるとともに、人材などの貴重なリソースを原因究明や対応に割くことが可能となります。

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

導入プロセスとメソッド

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

フォレンジック・アナリティクス(不正検知ツール)

本サービスを紹介したブロウシュアはこちらよりダウンロードできます。

[PDF, 681KB]

不正・危機対応の最新記事・サービス紹介は以下からお進みください。

>> フォレンジック&クライシスマネジメント:トップページ <<

プロフェッショナル

清水 和之/Kazuyuki Shimizu

清水 和之/Kazuyuki Shimizu

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー マネージングディレクター

2001年、有限責任監査法人トーマツに入社。自動車セクターなどのグローバル製造業、ハイテク産業、食品製造業、グローバルアパレル業等の上場企業等の法定監査業務に従事し、在籍中にデロイトメキシコシティに赴任しグローバル日系企業を支援した。2020年にデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に移籍。企業が危機に直面した際の危機管理・危機からの脱出を支援するクライシスマネジメントにおいて... さらに見る