サービス

改善報告書・内部管理体制確認書の提出支援

上場企業が不正発覚により証券取引所に審査書類を提出する場合に、作成・審査対応をご支援します

上場企業において有価証券報告書の虚偽記載等の不正が発覚し、証券取引所により改善の必要性等が高いと判断された場合、当該企業は改善報告書や内部管理体制確認書の提出が求められます。仮に所定の期間内に提出できない、あるいは提出しても証券取引所により改善が認められないと判断された場合には、最悪の場合、上場廃止に至る可能性があります。

対応スケジュールのイメージ

※クリックまたはタップして拡大表示できます

提出書類作成における実務上のポイントとリスク

提出書類の記載項目は多岐にわたり情報量も多く、専門性も求められます。それらをスケジュールを遵守してとりまとめ、日本取引所自主規制法人の審査を円滑に進めるためには、知見を有する外部専門家を活用し、事前にポイントを網羅的に把握して計画的に実行する必要があります。

※クリックまたはタップして拡大表示できます

デロイト トーマツの提供できる支援

当社がこれまで支援した実績に基づく知見と経験の活用により、専門性を生かした審査書類の作成支援のみならず、貴社内や各専門家との連携を含めたプロジェクト管理や、日本取引所自主規制法人が行う審査へのサポート対応等、トータルにご支援することが可能です。

※クリックまたはタップして拡大表示できます

デロイト トーマツの支援実績

※クリックまたはタップして拡大表示できます

改善報告書・内部管理体制確認書の提出支援のPDFダウンロード

本サービスを紹介したブロウシュアはこちらよりダウンロードできます。

[PDF, 659KB]

不正・危機対応の最新記事・サービス紹介は以下からお進みください。

>> フォレンジック&クライシスマネジメント:トップページ <<

プロフェッショナル

佐藤 保則/Yasunori Sato

佐藤 保則/Yasunori Sato

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー

監査法人トーマツ(現・有限責任監査法人トーマツ)に入社後、国内法定監査・IPO支援に従事。その後2007年よりデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社にて事業再生における調査、事業計画策定、金融支援交渉、スポンサー選定業務の他、M&A関連の調査等に従事。その後、大手自動車メーカーに出向し、国内事業会社の再編業務に携わる。2015年よりフォレンジックサービス部門に異動し、複数の大型... さらに見る

清水 和之/Kazuyuki Shimizu

清水 和之/Kazuyuki Shimizu

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー マネージングディレクター

2001年、有限責任監査法人トーマツに入社。自動車セクターなどのグローバル製造業、ハイテク産業、食品製造業、グローバルアパレル業等の上場企業等の法定監査業務に従事し、在籍中にデロイトメキシコシティに赴任しグローバル日系企業を支援した。2020年にデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に移籍。企業が危機に直面した際の危機管理・危機からの脱出を支援するクライシスマネジメントにおいて... さらに見る