サービス

フォレンジック技術を活用した情報漏えい調査サービス

漏えいした情報の内容や持ち出し経路を特定し、適切な対応を支援

パソコンやスマートフォンの紛失・盗難、マルウェアの感染、あるいは外部からの不正アクセスなど、情報漏えいの原因はいくつもありますが、昨今特に問題となっているのは、従業員が不正に情報を持ち出すなどの内部犯罪・内部不正による情報漏えいです。具体的な例としては、退職者が転職先で有利なポジションを獲得するために、営業秘密や顧客情報を持ち出すといったことが挙げられます。デロイト トーマツでは、こうした事象が発生した際に必要不可欠となる事実調査を、デジタルフォレンジック技術を活用し、支援します。

 

従業員が内部不正行為を行う動機

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

法的紛争にも利用できる調査レポートを作成

電子データの扱いを熟知したプロフェッショナルが、公平かつ中立な立場で調査・事実の裏付けを行い、 調査レポートを作成します。

訴訟に発展した際には調査レポートを証拠として提出することで、法的紛争を有利に進めることができます。

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

不正の早期発見を可能にするメールモニタリング

デロイトトーマツでは、情報漏えい発覚後の調査だけでなく、不正の兆候をいち早く検知できるメールモニタリングを実施することも可能です。これを活用することにより、問題行動の早期発見を実現するほか、コストの適正化を図ることが可能になります。

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

企業情報および個人情報管理の専門家によるコンサルティング

文書管理および個人情報管理など、様々な知見と経験を持つ専門家がコンサルティングを実施。現状のヒアリングからデジタルフォレンジック技術を活用したリスクアセスメント、運用体制の構築支援まで、情報漏えいのリスク低減に向けた取り組みをサポートします。

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

フォレンジック技術を活用した情報漏えい調査サービスのPDFダウンロード

本サービスを紹介したブロウシュアはこちらよりダウンロードできます。

[PDF, 979KB]

不正・危機対応の最新記事・サービス紹介は以下からお進みください。

>> フォレンジック&クライシスマネジメント:トップページ <<