サービス

リスクアペタイト・フレームワーク(RAF)構築支援

戦略的にリスクを活用するために

内外の刻々と変わるマクロ経済・金融・政治に係る様々な情報を分析し、主要ステークホルダーが把握すべきリスクを特定化します。また、これらに対し経営戦略として許容するレンジ(=リスクアペタイト)の設定を支援します。

グローバル企業で導入が進むRAF

ギリシャ危機の再燃、原油価格の急落、ウクライナ紛争の長期化やイスラム国の台頭、中国経済の急減速、そして米国利上げ観測やエマージング経済の動揺等々・・・グローバル企業の経営を巡る不確実性は最近益々大きくなる傾向にあります。同時に、ステークホルダーのグローバル化・多様化が進む中で、経営の「透明性」を高める必要性も一段と高まってきました。

こうした中で、グローバル企業の間では、これまでになかった新しいリスク管理の枠組みである「リスクアペタイト・フレームワーク」(以下、「RAF」)の導入が進みつつあります。

(PDF, 312KB)

金融危機後の「リスク管理革命」とも呼ばれるRAFとは

リスクアペタイトとは、様々なステークホルダーの期待を踏まえて、経営者が決定する「敢えて取るリスク」を指します。

RAFでは、
1.経営戦略に潜む様々なリスクを特定化し、
2.これらが、ステークホルダーの「期待」、つまりは経営が有するリスク・アペタイトに照らして相応しい水準なのか否かを決定し、
3.経営が有するリスクアペタイトに沿ったKPIを設定することで、組織の末端に至るまで経営の意思に従って動くことを可能とします。

外部のステークホルダーからみてもよく分かる、(企業の)頭脳の意思決定プロセスと神経系統の働き、これこそがRAFだといえるでしょう。金融危機で辛酸をなめた銀行監督当局が、今や全てのグローバル銀行にRAFの導入を求めていることからも、その効果が想像できます。

 

リスク・スコープの決定とリスクアペタイトの設定が重要

実効的なRAFを構築するためには、ステークホルダーの期待を前提に、経営上重要なリスクを全て取り込む必要があります。リスクによっては計測が困難なものも存在しますが、ストレスシナリオを活用することで、「見える化」を行います。その上で、主要なリスクに対し、経営として目指すレンジを、リスクアペタイトとして設定します。

プロフェッショナル

大山 剛/Tsuyoshi Oyama

大山 剛/Tsuyoshi Oyama

有限責任監査法人トーマツ パートナー

有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センター センター長。パートナー。GFSIリスクアンドキャピタルマネジメント アジア・パシフィックリーダー。大手金融機関に対するリスク管理に係るさまざまなアドバイザリーサービスを提供。2008年まで日本銀行に勤務。金融機構局で、大手金融機関考査やリスク管理高度化、バーゼルⅡ実施の業務に携わる。 2009年1月よりGARP(Global Association... さらに見る

勝藤 史郎/Shiro Katsufuji

勝藤 史郎/Shiro Katsufuji

有限責任監査法人トーマツ ディレクター

リスク管理戦略センターのディレクターとして、ストレス関連情報提供、マクロ経済シナリオ、国際金融規制、リスクアペタイトフレームワーク関連アドバイザリーなどを広く提供する。2011年から約6年半、大手銀行持株会社のリスク統括部署で総合リスク管理、RAF構築、国際金融規制戦略を担当、バーゼルIII規制見直しに関する当局協議や社内管理体制構築やシステム開発を推進。2004年から約6年間は、同銀行ニューヨー... さらに見る