サービス

ストレス関連情報(マクロ経済・リスク情報)提供サービス

フォワードルッキングな視点に基づく経営管理体制構築のために

企業の経営陣や財務企画部門が必要とする「漠然とした不安を可視化する」ための様々なマクロ経済・リスク情報やストレスシナリオを、タイムリーに提供します。

世界中のリスク情報と、それから想定されるストレス・シナリオ

企業の経営管理を行う上での基本─それは、明日起こるかもしれないリスクイベントに関してアンテナを常に高く張り、警戒すべきイベントを探し出し、これに備えることだといえます。そのためには、経営者が有している漠然とした不安─例えば、「中国経済の減速は今後も続くのか」、「米国の中央銀行は一体いつ政策金利を引き上げるのか」、「日本経済の成長は腰折れしないのか」等々─を、リアルなストーリー、すなわちストレスシナリオに置き換えることが求められます。その上で、こうしたイベントが発生した場合、自社の経営にどのような影響が及ぶのかを明らかにすることが重要となります。

もっとも、そうした情報を全て自前で集め分析しようとすると、高度な分析力を持つエコノミスト/リスク管理のエキスパートや情報インフラを確保しなければなりません。これは多くの企業にとって、大変なコストだといえます。企業の経営者や財務企画部門が必要とする「漠然とした不安を可視化する」ための様々なマクロ経済・リスク情報やストレスシナリオそのものを、貴社が必要とする新たな調査部門に代わりご提供するサービスです。

(PDF, 1,39MB)
マクロ経済に関する漠然とした不安
マクロ経済に関する漠然とした不安(画像をクリックすると拡大します)
本サービスの活用例
本サービスの活用例(画像をクリックすると拡大します)

トーマツのリスク情報提供サービス

リスク管理戦略センターの強みは、ミクロ(企業のリスク管理)とマクロ(マクロ経済金融分析)双方のエキスパートを抱え、リスク情報の作成に当たっていることです。多くの大手金融機関に提供しているこうしたリスク情報を、当センターの専門家が解説します。また貴社の事業環境を前提とした議論を実施します。

 

■ グローバル・リスク・ヒートマップ

世界中のマクロ経済や市場動向、政治や地政学リスク情報等、さらには規制やコンプライアンス情報を地域ごとにコンパクトにまとめ、世界中の「どこ」の「何」が危ないかが一目でわかる資料

・地域(横軸)
(1)北米、(2)欧州、(3)日本、(4)オーストラリア、(5)中国、(6)その他アジア、(7)ブラジル/ラ米、(8)その他(中東、ロシア、アフリカ等)

・イベント(縦軸)
(1)マクロ(実体経済、ソブリン・財政、金融システム)
(2)市場(債券市場、為替市場、株式市場、不動産市場、クレジット市場、商品市場)
(3)政治・紛争・自然災害 (政治、戦争・テロ・社会不安・国家間対立、事故自然災害)
(4)規制・コンダクト(金融規制・会計・税制、リスク管理・ガバナンス・コンダクト関連)

 

■ ストレス関連情報

日本、米国、欧州、中国、その他エマージング諸国経済に関し、今後のベースライン・シナリオ、及び複数のリスク・シナリオを示すと同時に、足許の経済・政治・地政学状況等に基づき、今後1年間で顕在化する各シナリオの蓋然性の水準や変化を説明した資料

 

■ ストレス関連情報サマリーシート

マクロ経済・金融市場情勢をA3シートに纏めた資料

 

■ 最新の規制動向 ※オプション

グローバルの金融規制の動向と、各規制の概要を説明した資料

 

■ アジア・リスク・ヒートマップ ※オプション

グローバル・リスク・ヒートマップのアジア各国版

 

■ コンダクト・リスク・ヒートマップ ※オプション

グローバルと日本、米国、英国、EU、AP等にて定点観測した規制と顕在化事例を6つのリスク項目に分類した資料

 

プロフェッショナル

勝藤 史郎/Shiro Katsufuji

勝藤 史郎/Shiro Katsufuji

有限責任監査法人トーマツ ディレクター

リスク管理戦略センターのディレクターとして、ストレス関連情報提供、マクロ経済シナリオ、国際金融規制、リスクアペタイトフレームワーク関連アドバイザリーなどを広く提供する。2011年から約6年半、大手銀行持株会社のリスク統括部署で総合リスク管理、RAF構築、国際金融規制戦略を担当、バーゼルIII規制見直しに関する当局協議や社内管理体制構築やシステム開発を推進。2004年から約6年間は、同銀行ニューヨー... さらに見る