サービス

ストレス テスティング支援サービス(金融機関向け)

例外的であるが起こり得る危機に負けないリスク管理体制構築のために

ストレステストは以前から存在するリスク管理手法ですが、その柔軟性や分かりやすさから近年改めて利点が見直されており、バーゼル銀行監督委員会や金融庁からもストレステストを活用したリスク管理強化の必要性が強く指摘されています。

ストレス テスティングによるリスク管理

2007年以降の金融危機を通じて、金融機関のリスク管理に内在する多くの問題が浮き彫りとなりました。そうした問題の1つに、リスク管理がVaR(バリュー・アット・リスク)というリスク計測手法に依存しすぎていたことが挙げられています。昨今の金融機関のリスク管理には、こうした過去の事象に縛られるような機械的な対処法ではなく、より高次な発想に基づく自由度の高い対処が求められるようになっています。ストレステストは以前から存在するリスク管理手法ですが、その柔軟性や分かりやすさから近年改めて利点が見直されており、バーゼル銀行監督委員会や金融庁からもストレステストを活用したリスク管理強化の必要性が強く指摘されております。また、近年、欧米の監督当局は、主要な金融機関に対してマクロシナリオをベースとしたストレステストを実施し、その結果から主要行に対して自己資本の増強や配当支払の制限を求めるようになってきています。

これからのストレス・シナリオに求められる要件

金融機関は、従来は想定外とされていた金融システムやマクロ経済の大きな構造変化に起因した事態への対策まで金融機関に求めるようになっています。このような例外的であるが起こり得る危機を想定したうえで、ストレス・シナリオを作成することは、ストレステストの実施の際に重要なプロセスとなります。経営陣やステークホルダーから関心を引き出し、彼らを納得させるストレステストを行うためには、客観的でフォワード・ルッキングな、さらに網羅的でダイナミックなストレス・シナリオを作成する必要があります。こうした要件を備えたストレス・シナリオの必要性は、国際機関や当局からも指摘されています。

要件とサイクル

これまでのストレステストの問題点

一方、従来型のストレステストの手法もしくはその活用方法に対しては、以下のような問題が指摘されています。

  • ストレステストのあり方に関する議論や、ストレス・シナリオの作成プロセスにおける経営の関与が弱い。
  • ストレス・シナリオで想定するストレスの程度が、許容できるリスクの範囲内に収まるように意図的に設定されている。
  • ストレステストの結果が、経営のリスク耐性を強めるための議論に活用されていない。
  • 組織全体を見渡した統一的な考え方に基づくシナリオが作成されていない。
  • 将来に焦点を宛てたいわゆる「フォワード・ルッキング」なシナリオが作成されていない。
  • シナリオ作成がリスク管理部署の少数専門家任せで、内部監査等の第三者による適切性のチェックがなされていない。

最近のストレステストに係る内外のベスト・プラクティスでは、こうした課題を克服すべくさまざまな工夫が取り入れられています。
 

デロイト トーマツ グループが提供するストレス テスティング支援サービス

ストレス情報の提供サービス

海外の主要機関や当局、金融機関やメディアが伝えるマクロ・リスク情報や、バーゼルIIIを始めとした世界の規制情報をコンパクトにまとめ、グローバルな視点でリスクの所在状況が一目で分かる「ヒートマップ」という形にして月次で提供します。また、データベースの形でも提供しています。当該データベースを利用することによって、ヒートマップの背後にある世界中のリスクに関する詳細情報を簡単に入手することができます。
また、グローバルの金融規制動向について傾向を分析し、重要なものについては要約レポートを提供します。


ストレス・シナリオと蓋然性評価結果の提供サービス

デロイト トーマツ グループが独自に収集したストレス事象に関する最新情報や過去のイベントから抽出したパターンを活用し、蓋然性が高いと考えられる複数のストレス・シナリオを作成しました。また、これらのストレス・シナリオがフォワード・ルッキングで客観的であり続けるために、適宜ストレス・シナリオの発生可能性を様々な視点から分析し、シナリオのメンテナンスを行っています。
デロイト トーマツ グループは、これらストレス・シナリオと、ストレス・シナリオの蓋然性に対する評価結果を月次で提供します。


ストレス・シナリオにおける経済変数予測の提供サービス

デロイト トーマツ グループは、当局や国際機関等が示す先行き見通しや足許の金融データを織り込んだトーマツ経済モデルを独自に開発しました。主要なストレス・シナリオが金融経済変数へどのように波及するのか、トーマツ経済モデルを活用した見通しを提供します。


リスクファクター・インパクト分析サービス

自己資本比率や当期純利益といった貴社において重要なリスク・ファクターを特定し、主要ストレス・シナリオで想定される経済変数の変化が、そうしたリスク・ファクターをどのように変化させるのかを分析し、その結果を定期的にご提供いたします。


テーラーメイド型のストレステスティング実行支援

デロイト トーマツ グループでは、これまでご紹介したサービス内容を全て含む総合的なストレスティング支援も行っております。まず、ウィーク・スポット診断やリスク・アペタイトの検討を通じて、貴社にとって重要だと考えられる複数のストレス・シナリオを作成します。次に、それぞれのシナリオについてトーマツ経済モデルを使用して先行き数年間のマクロ経済変数を作成し、それらが貴社にとって重要なリスク・ファクターに与える影響を分析します。最終的には、こうした分析の結果を踏まえ、それぞれのストレス・シナリオにおける適切な対応オプションの検討を支援を行います。
 

(PDF、235KB)