サービス

AI Insights & Engagement

昨今、日常生活やビジネスの現場ではテクノロジーの浸透が進み、同時に電子データの量は爆発的に増加しました。生成・流通・蓄積されたこれら大量の電子データは、活用の仕方によっては革新的な意思決定・ビジネスを創出し、企業・社会の非連続的成長に不可欠な材料となりました。Deloitteでは、データを制し、AI/アナリティクスによって変革を起こす組織への変貌を支援します。

日本企業を取り巻く環境と課題

日本企業を取り巻く環境は過去に例を見ないほど複雑になっています。情報発信の大衆化(SNSを活用した情報発信)や、IoTの浸透等による情報量の爆発的な増大、国内の労働人口の減少、成熟市場における消費者ニーズの多様化等がその一例です。これらの複雑化、多様化する社会において、企業は膨大な情報を取捨選択し、潜在的なニーズをスピーディに読み解き、顧客要望の一歩先を見据える動きが求められています。それらを具現化する手段として、近年AI/Cognitive技術に注目が集まっています。今後、業界におけるトップランナーの地位を確立するためにAI/Cognitive技術を活用した企業経営は必要不可欠になってきます。

DeloitteのAIフレームワーク

デロイトでは人工知能の研究者を揃え、高度な専門性に基づくリサーチとアドバイスが可能です。

様々な研究者が定義しているAI/Cognitive技術をデロイトでは5つの領域に分解し、それぞれの領域における技術が、将来どのようなイノベーションを起こし、ビジネスにどんなインパクトを与えるのか分析し、各企業が講じるべき戦略立案をお客様と一緒に実施します。
 

AIフレームワーク基礎機能
※画像をクリックすると拡大表示します

デロイトのAI導入アプローチ

導入効果を最大化するためには、既存ITの枠組みに捉われない発想力や技術力が重要なポイントになります。

Deloitte A&CのAI Insights & Engagementは、AIの導入を「戦略策定」「システム化構想策定」「実証実験」「実行計画」「実装」の5つのフェーズでアプローチします。戦略的な経営視点による課題解決からスタートし、実装フェーズに入る前に実証実験による効果検証を行うことでビジネスゴールの確実な達成を支援します。

AI導入アプローチ説明図
※画像をクリックすると拡大表示します

関連するリンク

関連トピック