サービス

会計監査

一連の財務報告における要としての監査人は、近年はかつてないほど重要な役割を担っており、その社会的な責任も大きくなっています。 有限責任監査法人トーマツは、監査業務の改善活動を積極的に継続することにより、時代や環境の変化に対応した「今」の最高品質である監査業務を提供しています。

高品質な会計監査業務の実施

全世界のデロイト メンバーファーム共通の監査アプローチであるDeloitte Auditにより、効果的・効率的な監査を実施します。リスクにフォーカスした監査を徹底し、最高品質の監査業務を効率的に提供します。会計基準や監査基準を形式的に当てはめて監査手続を行うのではなく、ビジネスを深く理解した上で、企業の直面するビジネスリスク、地域特性、規模、オペレーションやインダストリーの特性に応じ、最適な手続を立案し適用します。

「Tohmatsu Audit Quality Report 2017~監査品質に関する報告書2017~」にトーマツの目指す高品質な監査とそのための取り組みを取りまとめていますので、ご覧ください。

>>Tohmatsu Audit Quality Report 2017はこちら

適正な財務報告やガバナンスの向上に貢献する監査の実施

企業の適正な財務報告やガバナンスの向上に貢献する監査の実施により、健全かつ持続的な成長に資するという使命感を保持しています。監査の過程で識別された会計および内部統制の課題は、適時に企業と協議し、企業価値を最大化するための改善提案を行います。

充実した品質管理体制による信頼感のある監査

経営理念に基づいて、常に品質を重視した業務運営をしています。監査業務は高度に 社会性を帯びた業務です。その業務を適正に行うために、監査法人の品質管理体制に 関する最終的責任を負っている包括代表の指揮のもと、契約の締結から監査報告書の 発行に至る監査の全プロセスにおいて品質管理の方針・手続を整備し、運用しています。 全世界のデロイト メンバーファームが遵守すべき方針やルールに基づき、全世界共通 の高品質で信頼感のある監査業務を提供します。

グローバル監査責任者による統合された監査体制

企業の直面する経営環境の変化やビジネス上の課題を踏まえた的確な監査を行う ため、グローバル監査チームの責任者を定め、国やビジネスファンクションを超えた シームレスな業務提供を行うチーム体制を構築しています。これにより、監査チームは デロイトおよびデロイト トーマツ グループのインダストリーの知見やグローバル ネットワークを最大限活用し、企業の財務報告やガバナンス等に関する課題に対して 早期に対応することが可能となっています。

>>グローバル監査の詳細についてはこちら

高品質な業務提供を可能とする先進的テクノロジー

全世界で一貫して適用されているデロイトの監査手法・システム・専門的ナレッジを 生かし、企業固有の状況と複雑性に柔軟に対応しています。企業のグローバルビジネスと関連する内部統制の徹底的な理解に焦点を当てる会計監査により、適切なリスク評価と企業の経営課題の「見える化」と解決にも貢献します。

>>監査イノベーションの詳細についてはこちら 

会計監査へのアナリティクスの活用(Audit Analytics)

会計監査業務そのものにアナリティクスを活用することによって、企業理解の深化や 徹底したリスクアプローチの実践を図っています。これまで培った監査の知見を基盤 として、監査の各プロセスに高度な分析手法や最新のテクノロジーを積極的に取り入れ、企業内外に存在する大量のデータを分析・活用することによって、高品質な監査の 提供と効率的な監査業務の実施を推進しています。

>>Audit Analyticsの詳細についてはこちら