サービス

Risk Analytics

不正、コンプライアンス違反、情報漏えい、サイバーセキュリティ等の企業リスクへ対応において、アナリティクス活用による監視態勢の強化を支援します

モニタリングや管理活動を高度化するRisk Analytics

技術革新や事業の国際化または法規制の厳格化により、企業が対応しなければならないリスクが多様化しています。

例えば小売業では、生活スタイルの変化や競合の出現による業績悪化のリスク、従業員による不正・横領が発生するリスク、海外支店で現地法令を遵守できないリスク等が挙げられます。

このように多様化するリスクをどう管理していくかは、企業にとって大きな課題となっています。一方で、IT化の進展により、企業内外で生成され蓄積されるデータは増加の一途を辿っています。 この「ビッグデータ」に対するアナリティクスをさまざまな企業活動に活用することで、競争力の強化を図る企業が増えてきています。

リスク アナリティクスは、脅威となるリスクに関するクライアントの理解度の向上、組織全体のスケールでのリスクの事前認識とその源の軽減活動を支援します。

企業の経営陣は、この情報を得たうえで、アナリティクスからのみ導き出せる洞察と予見を武器に、予測の難しい経済状態や複雑な規制環境においても適切に意思決定を行うことができます。

Risk Analyticsが対象とする課題例

・不正パターンの発見        ・倒産予測(信用リスクモデル)
・損失額予測(市場リスクモデル)  ・ALM
・サイバーセキュリティ       
・カルテル、贈収賄、インサイダー、AML、その他のコンプライアンス対応 等

不正対応リスクアナリティクス

不正対応リスクアナリティクスは、不正の特徴を持つ取引を抽出する精度の向上と不正対応態勢の整備を目的とした、リスクアナリティクス関連サービスです。

デロイト トーマツ グループが支援するリスクアナリティクスは、デロイトの知見・経験に基づいて開発されたツールを活用し、不正の特徴を持つ取引を抽出するルールベースアプローチと、不正予測モデルを構築する統計モデルアプローチを統合した新しいアプローチです。

これにより、効果的な不正対応態勢の基礎を確立することが可能となります。

 

>> 不正対応リスクアナリティクスの詳細は、こちらから

継続的モニタリング・内部監査へのRisk Analyticsの適用

複雑な課題が混在する企業のリスク管理にアナリティクスを適用(リスク アナリティクス)することによって、モニタリング対象範囲の飛躍的な拡大、リスク兆候の早期発見、意思決定スピードの迅速化といった効果が期待でき、結果としてリスク管理の品質と効率性を向上させることが可能です。

また、自動化の利点を活かして継続的なモニタリングや内部監査を行うことによって、リスク管理の品質と効率性のさらなる向上が期待できます。

デロイト トーマツ グループは、リスク管理にアナリティクスを適用し、企業のリスク管理活動の最適化を行うことを支援します。

 

>> 継続的モニタリング・内部監査へのRisk Analyticsの適用については、こちらから

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

 

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。