サービス

贈収賄・汚職リスク関連サービス

対岸の火事ではない贈収賄リスクに対し、有効な打ち手を

日本企業も無関係でいられない一方で、見逃されがちな潜在リスク

贈収賄違反が発覚すると、多額の制裁金が科せられることに加え、調査対応や是正措置の実施にも多大なリソースを要します。
すでに広く海外に展開し、M&Aにも積極的な日本企業は、いつ、どこで摘発されてもおかしくありません。
にもかかわらず、贈収賄リスクは、通常の内部監査やデューデリジェンスでは対象とならず見逃されがちです。
デロイト トーマツは、潜むリスクに対しコンプライアンスプログラムの構築、内部監査、デューデリジェンスにより対応を支援します。

 

海外展開を加速する日本企業

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

貴社のシチュエーション別サービス提供例

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

世界の規制法例

外国公務員への贈賄行為は、OECD加盟国の禁止事項となっています。代表的な規制は米国のFCPAですが、近年、他国でも新法や改定法の制定が進んでおり、中でもFCPAと同様かそれ以上の脅威となりうるとされているのが英国のUKBAです。

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

日本企業が米国FCPA違反による制裁を受けた事例(2010年代)

贈収賄・汚職リスク関連サービスのPDFダウンロード

本サービスを紹介したブロウシュアはこちらよりダウンロードできます。

[PDF, 366KB]

不正・危機対応の最新記事・サービス紹介は以下からお進みください。

>> フォレンジック&クライシスマネジメント:トップページ <<