サービス

デジタルフォレンジックサービス

不祥事が起きたら、何をすべきか?

国内で相次いで発覚しているデータ改ざんや会計不正をはじめとする企業の不祥事。そのリスクはどの企業にも思わぬ形で潜んでおり、発生した際の適切な調査の実施は、その後の企業の存続を左右すると言っても過言ではありません。そこで活用できるのが電子データを使った調査「デジタルフォレンジック」による事実解明です。

 

不祥事が発生した際に企業に求められること

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

不正発覚時に、企業が直面する様々な課題

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

デロイト トーマツが提供するデジタルフォレンジックの有効性

電子データの扱いを熟知したプロフェッショナルが、公平かつ中立な立場で調査・事実の裏付けを行い、 証拠となるデータを提出することで法的紛争に備えます。

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

デロイト トーマツの「不正調査サポート」は、デジタルフォレンジックを中心に総合的なアドバイザリーサービスを提供します

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

デロイト トーマツが提供するデジタルフォレンジックの特徴

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

デジタルフォレンジックサービスのPDFダウンロード

本サービスを紹介したブロウシュアはこちらよりダウンロードできます。

[PDF, 524KB]

不正・危機対応の最新記事・サービス紹介は以下からお進みください。

>> フォレンジック&クライシスマネジメント:トップページ <<