サービス

クライシスコミュニケーションサービス

企業価値を守る危機管理広報

企業のレピュテーションは、不正・不祥事の発生によって瞬く間に崩れ去る可能性があり、再構築には長年の努力を要します。企業が発信するメッセージは、世間からの評価を改善する力がある一方、企業の評判を落とす要因の一つにもなります。クライシスによる企業価値の毀損を抑制するために、同時多発的な事象に適切に対応することが重要です。

不祥事が発生した際に企業に求められること

不祥事が発生した際に企業に求められること
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

初動対応時のポイント

レピュテーションリスクを最小限に抑えるためには、初動対応時における内部情報の統制と迅速な対応方針および意思決定が求められます。

レピュテーションリスクを最小限に抑えるためには、初動対応時における内部情報の統制と迅速な対応方針および意思決定が求められます。
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

インシデント発生時のサポート事例

インシデント発生時のサポート事例
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

平時のコンサルティング

リスクの早期発見から危機対応力の向上まで危機対応の経験豊富な専門家が、有事の備えをご支援します。
 

リスクの早期発見から危機対応力の向上まで危機対応の経験豊富な専門家が、有事の備えをご支援します。
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

実績例

実績例
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

クライシスコミュニケーションサービスのPDFダウンロード

本サービスを紹介したブロウシュアはこちらよりダウンロードできます。

[PDF, 279KB]

不正・危機対応の最新記事・サービス紹介は以下からお進みください。

>> フォレンジック&クライシスマネジメント:トップページ <<

プロフェッショナル

中島 祐輔/Yusuke Nakashima

中島 祐輔/Yusuke Nakashima

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー

フォレンジック & クライシスマネジメントサービス統括 会計不正、品質偽装、贈収賄など様々な不正・不祥事事案に調査委員や責任者として関与。ステークホルダー対応等の危機管理や再発防止策導入など危機に直面した企業を信頼回復まで一貫して支援している。会計監査を経験後、2002年にDTFAに参画。M&A、企業再生、組織再編など広範な領域でプロジェクトマネジメントの経験を有する。2018年より現職。2021... さらに見る

三木 要/Kaname Miki

三木 要/Kaname Miki

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー

エネルギーリード フォレンジック & クライシスマネジメントサービス統括 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー。大手電力会社において、電源立地企画、経営計画策定、エネルギー事業・制度リサーチ、政策調査・折衝、法務業務など、エネルギー政策全般に幅広く対応。クライシス対応の経験も深く、巨額の損害賠償対応についてチームアップおよび制度の基本設計、マネジメントを統括し、マスコミ対... さらに見る