サービス

カルテル・入札談合対応支援サービス

平時には内部早期検知、有事には機動的なリニエンシー対応を

カルテル・入札談合の高まる摘発リスク

国内外の当局が競争法の整備や改正を進展し、取締の連携を強化しています。リニエンシー制度が日本を含む各国で導入・積極活用されていること、2018年の刑事訴訟法改正による日本版司法取引制度導入もカルテル・入札談合の摘発増加を後押ししています。

 

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

発覚パターンとペナルティ例

カルテルや入札談合が発覚すると、行政処分や罰金をはじめとする重いペナルティが科されます。経営者への責任が追及される事態になりかねず、レピュテーションを毀損する重大な影響が懸念されます。

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

早期検知が明暗を分ける

外部からの指摘等で事案が発覚すると、時間に余裕のない切迫した状況に陥り、対応が後手に回る傾向があります。企業の受けるダメージを低減する鍵は、事案の早期検知です。会計・不正・法律の専門知識に基づく内部検知機能の強化を目指すことが有効です。

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

デロイト トーマツのカルテル・入札談合対応サービス例

企業内で早期のカルテル・入札談合の兆候・発生の検知から、発覚後の迅速なリニエンシー対応、その後の当局調査対応、民事訴訟対応、再発防止まで一貫して、不正対応と法律の専門家がタッグを組み、スピード感をもって支援します。

クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

カルテル・入札談合対応支援サービスのPDFダウンロード

本サービスを紹介したブロウシュアはこちらよりダウンロードできます。

[PDF, 238KB]