サービス

社会課題解決型ルール形成戦略

日本企業がこれまで不得手としてきた、グローバル競争環境における”ルール形成”を戦略に組み込むとともに、政府やNGO/NPOを巻き込み、日本企業がグローバル環境において競争優位を構築できるような制度や枠組み作りを仕掛けていきます。

競争優位を実現する「ルールメイク」を仕掛ける

グローバル競争を勝ち抜くためのルールを作る

 グローバル市場で日本企業のポジションが低下している重要な理由の一つに、“環境適応型”の戦略と比較し、“環境形成型”の戦略立案と実行能力がグローバル企業よりも劣っていることが挙げられます。そして、環境形成型の戦略の中でも、“政策提言力”やそれを枠組みとしてまとめていく“外交機能”を発揮し、制度や枠組み作りを市場に対して仕掛けて競争優位を構築する“ルール形成戦略”は、日本企業が最も苦手とする戦略領域のひとつです。

 近年注目されている社会課題解決型事業の成功にはルール形成戦略が不可欠です。社会課題解決とを経済的価値創造を同時に実現できる事業に育てるには、課題を解決する枠組みをデザインし、それを一定のルールによって必然化することで自社の技術やサービスの利用をせざるを得ない状況にしていく必要があります。

日本企業がこれまで不得手としてきた、グローバル競争環境における”ルール形成”を戦略に組み込むとともに、政府やNGO/NPOを巻き込み、日本企業がグローバル環境において競争優位を構築できるような制度や枠組み作りを仕掛けていきます。

企業戦略・事業戦略に関するサービスのご案内

企業の置かれているステージに応じた戦略の立案を多面的なアプローチで支援します。“今日の飯の種”と“明日の飯の種”という成長の両輪を捉え、足元を起点にした地に足の着いた経営戦略の構築から、社会課題解決型産業創造、構造的競争優位実現に向けたルール形成戦略などの先進的視座からの戦略立案まで幅広くご支援します。

持続的なイノベーション創出の実現
社会課題解決に着目した新事業・新産業創造
通商課題解決支援サービス「Trade Compass®」
ロケーションストラテジー/拠点戦略で最適な経営戦略を具現化

多摩大学に日本初の「ルール形成戦略研究所」が創設される

デロイト  トーマツ コンサルティングの執行役員 國分俊史が所長として、羽生田慶介が客員教授として係わる形で、多摩大学の研究開発機構に日本で初めての「ルール形成戦略」を専門とする総合シンクタンクである「ルール形成戦略研究所」が2016年6月1日付けで創設されました。
本研究所は、政産官民学の垣根をこえた知見の集積を加速させ、世界各国の専門家や有識者とのネットワーク構築を通じて、最先端のルール形成動向を把握することで、日本企業および国家のルール形成戦略機能の抜本的な強化と、それに基づく国際競争力の持続的な向上に寄与することを目指しています。

また、多摩大学大学院では、日本で初めて「ルール形成戦略」に特化したMBAルール形成戦略(Rule-Making Strategy Professional)コースが開設されました(2017年4月開講)。社会人経験者に加え、学卒者も応募対象に、本コースでの教育の場を通じて「ルール形成戦略」人材育成を支援しています。國分俊史と羽生田慶介が中心となってカリキュラムを開発し、講義も担当します。


多摩大学ルール形成戦略研究所 (外部サイト)

多摩大学大学院MBAルール形成戦略(Rule-Making Strategy Professional)コース (外部サイト)
 

メディア情報:
おすすめ記事:

関連するリンク

 

サービスのご案内

 

ニュースリリース

 

コーポレート情報

 

おすすめの記事