ナレッジ

モニター デロイトニュース

モニター デロイトは、デロイトのグローバルな戦略コンサルティングプラクティスです。モニター デロイトによる、先進性・専門性・独自性の高いグローバルな知見のご紹介、専門家によるセミナー・レポートなどをご紹介いたします。(原則、毎月発行)

メールマガジン配信(無料)をご希望の方は、メールマガジン利用規約、プライバシーポリシーをご一読のうえ、登録画面にて「モニター デロイトニュース」にチェックを入れてお申し込みください。

>配信のお申し込み >メールマガジン利用規約 >プライバシーポリシー

通商の課外授業「児童労働1億5200万人」という暴力

日経ビジネスオンラインにて、モニター デロイト パートナーの羽生田慶介が、各国の通商政策・戦略や、その舞台裏、歴史、トリビアなどについて、わかりやすく解説する連載「通商の課外授業」の第9回にて、フェアトレードと通商をテーマに取り上げています。国連が定めたSDGs(持続可能な開発目標)には、「2025年までにすべての形態の児童労働を撤廃する」という目標があります。その達成には消費者が意識を変え、児童労働の関与しないフェアトレードを指示することが重要です。しかし、単に意識を変えるだけでは目標達成は容易ではありません。そこで筆者が提案するフェアトレードを支える「通商」の可能性とは?詳しくはリンク先記事をご覧ください。

≫ 詳細はこちら(外部サイト)

五輪目前、日本企業におけるSDGs経営の課題とは?

9月17日の日本経済新聞の朝刊記事「五輪が迫るSDGs経営」にて、モニター デロイト ジャパンリーダー藤井剛のコメントが掲載されました。東京オリンピック・パラリンピックの開催まで2年を切り、さまざまな日本企業が「持続可能な開発目標(SDGs)」への取り組みを本格化しています。その一方で、労働や素材調達などに関する法規制が進む欧米と比較すると、日本の活動はまだ遅れているのが現状です。藤井はこの点について、「日本企業の意識は高まっているが、欧米で求められる水準はさらに高まっている」と述べ、さらなる取り組みの必要性を指摘しています。

≫ 詳細はこちら(外部サイト 会員限定記事) 

自動運転のオープンイノベーション

週刊東洋経済にて、モニター デロイト パートナーの周磊が自動運転のオープンイノベーションについてコメントを寄せています。世界中で自動運転の開発競争が繰り広げられ、他社のリソースを自由に使える「オープンプラットフォーム」による研究開発がグローバルで加速する中、日本企業は参加について慎重な姿勢を示す傾向があります。この点について、「日本企業は開発のブラックボックス化を重視し、全て自力で開発しようとする。欧米企業に成功例もあるが、リスクも高い」と解説しています。詳しくは、週刊東洋経済2018年9月15日号をご覧ください。

「デロイト ト-マツ イノベ-ションサミット」開催レポート

「デロイト ト-マツ イノベ-ションサミット」が9月11日に東京国際フォーラムで開催され、モニター デロイトと、イノベーション・デザイン専門コンサルティング部隊であるDoblinのメンバーが登壇し、今、日本企業が真に挑むべきイノベーションの取組みについて解説しました。

「大企業発イノベーションの最前線 #1 “Open Innovation” のその先へ」と題したセッションでは、場当たり的な取り組みに陥りがちな社外のリソース活用を、イノベーションエンジンである事業開発&研究開発にいかに繋げるか、について解説し、続く「大企業発イノベーションの最前線 #2 Beyond “Design Thinking”」では、デザイン・シンキングを日常的に取り入れながら、顧客志向を企業活動の中で貫く方法についてパネルディスカッション形式で事例や知見を紹介しました。会場には多くの参加者が来場し、盛況の内に幕を閉じました。

≫ 詳細はこちら(外部サイト)

「薬業経営戦略講座」開催レポート

2018年8月29日に開催された「薬業経営戦略講座」(主催:国際商業出版)にて、モニター デロイトの執行役員パートナー、杉原敦が「国内製薬企業が生き残りに向けて目指すべき方向性」について講演を行いました。杉原は、製薬企業における研究開発生産性の低下や価格圧力の高まりといった現状に触れ、国内製薬企業が直面する課題を「従来のビジネスモデルが限界を迎えつつある」こととした上で、ケーススタディを交えM&Aや戦略的提携を通じた生き残り策を提示しました。杉原は、この先5年が過去10年よりも厳しい世界であることは間違いなく、時間的猶予は存在しないことを指摘し、具体的な行動に向けた経営意思の明確化と即時の行動の必要性を訴えました。

モニター デロイトメンバーがイノベーションの最前線について講演予定

9月11日、東京国際フォーラムで開催予定のアジア最大級のイノベーションカンファレンス「デロイト トーマツ イノベーションサミット」にて、“Innovation Strategy Consulting”として2年連続で世界一にランキングされているモニター デロイト、またイノベーション・デザイン専門コンサルティング部隊であるDoblinからのエキスパート達による講演が予定されています。当日は「大企業発イノベーションの最前線 #1 “Open Innovation” のその先へ」「大企業発イノベーションの最前線 #2 Beyond “Design Thinking”」と題した2セッションにて、今、日本企業が真に挑むべきイノベーションの取組みについて解説します。(申込締切:8月31日)

※ALMインテリジェンス グローバル革新と戦略コンサルティング報告書 2017年, 2018年

<講師紹介>

  • 大企業発イノベーションの最前線#1 “Open Innovation” のその先へ
Monitor Deloitteシニアマネジャー 安井 啓人

日本の幅広いインダストリに対して、イノベーションの源泉としての研究開発戦略、グローバル研究開発マネジメント、技術に立脚した新事業開発等への支援を行う。

Monitor Deloitte シニアマネジャー 棚橋 智

起業家のバックグラウンドを活かし、主にアントレプレナー集団の投入とイノベーションストラテジーの融合を通じた“Business produce”を手掛ける。

 

  • 大企業発イノベーションの最前線#2 Beyond “Design Thinking”

Doblin シニアマネジャー Jeff Tull

イノベーション専門コンサルティング部隊であるDoblinのリーダー。トップデザインスクールやビジネススクールで客員教授を務め、イノベーション、デザイン、デジタルトランスフォーメーションについて頻繁に講演を行っている。

Monitor Deloitte シニアマネジャー 長尾 政明

人間中心デザイン/デザイン思考アプローチを活用し、ビジネスxデザインxテクノロジーの交差点において、新しい顧客体験の創造とビジネスデザインを実践。組織におけるデザインカルチャーの導入・変革において、社内外での豊富な経験を有する。

≫ 詳細はこちら(外部サイト)

テクノロジーの進化による新たな創薬パラダイム

製薬企業にとどまらず、アカデミアや当局など、創薬に携わる幅広い関係者からの「サイエンスやテクノロジーの進化の果てに、くすり作りはどのように変わるのだろうか?」という問いかけが増えています。「AIがあればもっと効率的に創薬研究も臨床試験も出来るようになり、良い薬が早く安くできるのではないか?」などもその一つです。もちろん効率性は飛躍的に高まるでしょうが、本当にそれだけでしょうか?より抜本的な変革は起こらないのでしょうか?本稿では、臨床試験がほぼ無くなる世界、薬価が上市後の「提供価値」によって柔軟に変わる世界が来ることを想定し、創薬がどのような変化を遂げ、製薬企業にどのような対応が求められるのかを考察します。

≫ 詳細はこちら

イノベーションを促す思考法に転換する

ハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・ポーター教授らが中心になって1983年に設立した戦略コンサルティングファーム、モニター・グループは2013年、世界最大の会計事務所であるデロイト・トウシュ・トーマツが買収し、モニター デロイトと名称を変えました。
今年6月に日本でサービスを開始するにあたり、モニター デロイトのプリンシパルであるスティーブン・ゴールドバッシュ氏に、同社の特徴や日本企業へのアドバイスを聞きました。

≫ 詳細はこちら(外部サイト)

日本初、企業が「稼ぐ」ためのFTA攻略本『稼げるFTA大全』発刊

TPP11や日EU・EPAなどの大規模FTAが2019年に発効予定です。しかしながら、これらの動きが日本企業にどのような影響を与えるか、十分に理解しているビジネスパーソンは少ないのではないでしょうか。
7月16日、Monitor Deloitteメンバーが執筆をした書籍『稼げるFTA大全』が発刊されました。本書では、経済産業省でFTA交渉を担当した経験を持つ著者が、単なる「お勉強」ではない「稼ぐため」のFTA活用について徹底的に解説します。元経済産業大臣・元TPP担当大臣 衆議院議員 甘利明氏推薦。三菱ケミカルホールディングス会長 経済同友会代表幹事 小林喜光氏絶賛。(『稼げるFTA大全』日経BP社 羽生田慶介 著 ) 

≫ 詳細はこちら(外部サイト)

アジア最大級のイノベーションカンファレンスにモニター デロイトメンバーが登壇

デロイト トーマツ グループでは、創立50周年を迎える本年、アジア最大級のイノベーションカンファレンス「デロイト トーマツ イノベーションサミット」を9月11日東京国際フォーラムで開催します。世界で2年連続Innovationで業界Topとランキングされているモニター デロイトのイノベーション専門家も登壇し、大企業発イノベーションの最前線についてレクチャーを実施します。

≫  申込みはこちら (締切:2018年8月31日) 

モニター デロイト、日本で始動

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、2018年6月20日より、モニター デロイト ブランドによる戦略コンサルティングサービスを展開しています。モニター デロイトは、デロイトのグローバルな戦略コンサルティングプラクティスです。競争戦略に関する世界有数の専門家であるマイケル・ポーターや、マーク・B・フラー、ジョゼフ・B・フラーに代表されるハーバードビジネススクールの教授陣によって設立され、2017年にThinkers50によって世界No.1経営思想家に選ばれたロジャー・マーティンを輩出したモニターグループと、世界最大のプロフェッショナルファームとしての豊富な企業変革実績と広範な専門家ネットワークを擁するデロイトの間での効果的なシナジーが実現し、先進性・専門性・独自性の高い戦略コンサルティングサービスを世界で提供しています。

≫ 詳細はこちら

デロイトがTPP11の特恵関税の活用支援サービスを開始

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、TPP11(包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定)の特恵関税の活用を支援する世界初の無料ウェブサービス「Trade Compass TPP」の提供を、6月4日より開始しました。
「Trade Compass TPP」では、TPP11の特恵税率・原産地規則の検索から、関税削減額の試算、原産性の判定、原産地証明書の作成まで、TPP11を活用した場合のメリットの確認や、これを活用するための手続きをウェブサイト上で行うことができます。

≫ 詳細はこちら

米中貿易摩擦の日本企業への影響

米国は、通商拡大法第232条に基づき、3月23日から米国が輸入する鉄鋼及びアルミ製品に高関税をかけています。
これに対し中国は、米国から輸入されるワインや豚肉に高関税をかける対抗措置をとりました。
重ねて米国は、中国の知的財産権侵害を理由として幅広い中国製品に高関税をかけると発表しているなか、こういった米中間の貿易摩擦が日本企業に与える影響について考察しました。

≫ 詳細はこちら

SDGs(Sustainable Development Goals)関連ビジネスの世界市場規模を試算

「SDGs」という言葉がビジネス界においても浸透し始め、多くの企業がSDGsに関連した活動に積極的に取り組んでいます。一方で、SDGsの定める高い目標を達成するには、例えばCSR部門のみの関与ではなく、企業が本業としてSDGsに取り組む必要があります。
そこでSDGsへの取り組みが企業のビジネスそのものに利益をもたらすことを定量的に示すことが、企業の取り組みを加速させる策の一つと考え、SDGsの各目標について試算した結果、目標ごとの関連市場規模は約70~800兆円となりました。

≫ 詳細はこちら

国際ルール無視の米関税引き上げ 懸念高まる保護主義の連鎖

米国のトランプ大統領は3月8日、通商拡大法第232条に基づき、鉄鋼製品とアルミニウム製品の輸入に高関税をかけることを決めました。その後23日には、米国に輸入される鉄鋼製品に対し25%、アルミニウム製品に10%の関税措置を発動しました。情勢は流動的ですが、執筆時点(3月26日)で想定される影響を考察しました。

≫ 詳細はこちら

イノベーションとリーダーシップの融合:アマゾンのイノベーション文化

デロイト トーマツ コンサルティングはイノベーションとリーダーシップをテーマにしたセミナーを開催し、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の中村氏および一柳氏にご講演いただきました。本記事では、インダストリー4.0が迫る中、日本が競争力を維持する上で求められているイノベーション文化とそれを生み出すメカニズムや起業家精神について、アマゾンを例にとり考察しています。 

≫ 詳細はこちら

「揺れるアメリカ通商政策」について羽生田がBS JAPANに出演し解説

3月8日、執行役員パートナー レギュラトリストラテジーリーダーの羽生田慶介がBS JAPAN 「Nikkei モーニングプラス」の特集コーナー「揺れる アメリカの通商政策」にコメンテーターとして出演しました。

同番組において羽生田は、アメリカの通商拡大法232条に基づく鉄鋼・アルミ製品への関税措置の日本企業への影響、同日に署名に至った米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の新協定「TPP11(CPTPP)」に関する評価ポイント、今後の発効までの道のりのほか、米国の動向の見通しを含めた意義について解説しました。 日本企業が国際通商ルールをどう活用すればよいかについて、下記リンク先にこれまでの知見をまとめていますので御覧ください。 

≫ 詳細はこちら

イノベーション創出に向けて、価値創造のストーリーを示し資本市場を味方につけよ

第四次産業革命の動きが活発化し、かつてないスピードとインパクトを持ったイノベーションがグローバルスケールで起きています。

日本企業の持続的な企業価値向上に向けたイノベーション投資は重要であり、なかでも製造業における研究開発効率の向上が喫緊の課題となっています。

研究開発投資の視点から、企業価値向上に向けた資本市場との対話の在り方について考察します。

≫ 詳細はこちら

通商拡大法はトランプ氏の焦り 鉄・アルミ輸出国への影響大

米国のトランプ大統領は通商拡大法232条に基づき、鉄鋼製品やアルミニウム製品の輸入が米国の安全保障に与える影響の調査の実施を指示しました。是正措置の発動が貿易相手国に与える影響や、そもそも通商拡大法232条とはどのような条文か、デロイトの通商専門家が解説します。

≫ 詳細はこちら

イスラエル イノベーションフォーラム “New Momentum in Israel”

デロイト トーマツ グループはイスラエル大使館との共催により、イスラエル イノベーションフォーラム “New Momentum in Israel”を1月16日に開催し、140名を超える方にご来場いただきました。

その一部をフォーラム開催レポートとしてご紹介いたします。

≫ 詳細はこちら

Imperial College Londonによる技術商用化のためのAIソリューションを紹介世界におけるAIとその影響とは?

デロイト トーマツ コンサルティング主催でAI(人工知能)に関するイベントが開催され、Cogent LabsとImperial College London Technology Transfer Programにより、7つのAIソリューションが紹介されました。 

本記事では、そのイベントで議論された、「AIとデータの関係は?」「世界におけるAIとその影響とは?」という問いへの仮説を提示しています。また、ここ日本におけるAIとの関わりと経済見通しについて考察しています。 

≫ 詳細はこちら

東京五輪「オリ・パラ同時開催」の経済効果を試算してみた

近年、人権問題がビジネスにおいて極めて大きなインパクトを与えるものであることが認識されはじめています。一方で、ビジネスが具体的なアクションを起こすには、定量的に「数字で」課題の重要性を示していく必要があります。 

『人権と数字』の第3回では、一つのケーススタディとして、人権に関係の深い論点として度々話題に上がる、オリンピックとパラリンピックの同時開催が実現した場合、どれだけの経済効果が生まれるか、といった点について実際に試算し、その意味合いを考えます。 

≫ 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

初めてデロイト トーマツ グループのメールマガジンにお申し込みされる方はユーザー登録が必要となります。

メールマガジン登録画面の「ご希望のメールマガジン」にて「モニター  デロイトニュース」にチェックを入れて登録してください。

新規にメールマガジン購読のお申し込みをいただくとユーザー登録されますので、ログインID・パスワードは大切に保管していただくようお願いいたします。

また、2012年4月以降にデロイト トーマツ グループのセミナーにお申込いただきユーザー登録されている方は、そのログインID・パスワードを利用して簡単にメールマガジン購読のお申し込みができます。

※大変申し訳ございませんが、同業他社様の購読のお申し込みはお断りさせていただきます。

メールマガジン配信(無料)をご希望の方は、メールマガジン利用規約、プライバシーポリシーをご一読のうえ、お申し込みください。
配信のお申し込み   >メールマガジン利用規約   >プライバシーポリシー

メールマガジンの種類の変更、メールアドレスの変更は、下の「配信設定の変更」よりご変更ください。
配信設定の変更

ご登録いただいている個人情報の変更は、下の「個人情報の変更」よりご変更ください。
※ログイン後、画面上部「登録個人情報の確認・変更」をクリックしてください。
個人情報の変更

お役に立ちましたか?