ナレッジ

ストラテジー ニュース

日本企業のCxOアジェンダを解決しうる高度な専門性を掛け合わせ、クライアントの飛躍的成長と社会価値創造をミッションとする戦略コンサルティング部門の最新の活動をお知らせします。(原則、毎月発行)

イノベーションとリーダーシップの融合:アマゾンのイノベーション文化

デロイト トーマツ コンサルティングはイノベーションとリーダーシップをテーマにしたセミナーを開催し、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の中村氏および一柳氏にご講演いただきました。本記事では、インダストリー4.0が迫る中、日本が競争力を維持する上で求められているイノベーション文化とそれを生み出すメカニズムや起業家精神について、アマゾンを例にとり考察しています。 

≫ 詳細はこちら

「揺れるアメリカ通商政策」について羽生田がBS JAPANに出演し解説

3月8日、執行役員パートナー レギュラトリストラテジーリーダーの羽生田慶介がBS JAPAN 「Nikkei モーニングプラス」の特集コーナー「揺れる アメリカの通商政策」にコメンテーターとして出演しました。

同番組において羽生田は、アメリカの通商拡大法232条に基づく鉄鋼・アルミ製品への関税措置の日本企業への影響、同日に署名に至った米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の新協定「TPP11(CPTPP)」に関する評価ポイント、今後の発効までの道のりのほか、米国の動向の見通しを含めた意義について解説しました。 日本企業が国際通商ルールをどう活用すればよいかについて、下記リンク先にこれまでの知見をまとめていますので御覧ください。 

≫ 詳細はこちら

イノベーション創出に向けて、価値創造のストーリーを示し資本市場を味方につけよ

第四次産業革命の動きが活発化し、かつてないスピードとインパクトを持ったイノベーションがグローバルスケールで起きています。

日本企業の持続的な企業価値向上に向けたイノベーション投資は重要であり、なかでも製造業における研究開発効率の向上が喫緊の課題となっています。

研究開発投資の視点から、企業価値向上に向けた資本市場との対話の在り方について考察します。

≫ 詳細はこちら

通商拡大法はトランプ氏の焦り 鉄・アルミ輸出国への影響大

米国のトランプ大統領は通商拡大法232条に基づき、鉄鋼製品やアルミニウム製品の輸入が米国の安全保障に与える影響の調査の実施を指示しました。是正措置の発動が貿易相手国に与える影響や、そもそも通商拡大法232条とはどのような条文か、デロイトの通商専門家が解説します。

≫ 詳細はこちら

イスラエル イノベーションフォーラム “New Momentum in Israel”

デロイト トーマツ グループはイスラエル大使館との共催により、イスラエル イノベーションフォーラム “New Momentum in Israel”を1月16日に開催し、140名を超える方にご来場いただきました。

その一部をフォーラム開催レポートとしてご紹介いたします。

≫ 詳細はこちら

Imperial College Londonによる技術商用化のためのAIソリューションを紹介世界におけるAIとその影響とは?

デロイト トーマツ コンサルティング主催でAI(人工知能)に関するイベントが開催され、Cogent LabsとImperial College London Technology Transfer Programにより、7つのAIソリューションが紹介されました。 

本記事では、そのイベントで議論された、「AIとデータの関係は?」「世界におけるAIとその影響とは?」という問いへの仮説を提示しています。また、ここ日本におけるAIとの関わりと経済見通しについて考察しています。 

≫ 詳細はこちら

東京五輪「オリ・パラ同時開催」の経済効果を試算してみた

近年、人権問題がビジネスにおいて極めて大きなインパクトを与えるものであることが認識されはじめています。一方で、ビジネスが具体的なアクションを起こすには、定量的に「数字で」課題の重要性を示していく必要があります。 

『人権と数字』の第3回では、一つのケーススタディとして、人権に関係の深い論点として度々話題に上がる、オリンピックとパラリンピックの同時開催が実現した場合、どれだけの経済効果が生まれるか、といった点について実際に試算し、その意味合いを考えます。 

≫ 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

新規にメールマガジン購読のお申し込みをいただくとユーザー登録されますので、ログインID・パスワードは大切に保管していただくようお願いいたします。

また、2012年4月以降にデロイト トーマツ グループのセミナーにお申込いただきユーザー登録されている方は、そのログインID・パスワードを利用して簡単にメールマガジン購読のお申し込みができます。

※大変申し訳ございませんが、同業他社様の購読のお申し込みはお断りさせていただきます。

メールマガジン配信(無料)をご希望の方は、メールマガジン利用規約、プライバシーポリシーをご一読のうえ、お申し込みください。
配信のお申し込み   >メールマガジン利用規約   >プライバシーポリシー

メールマガジンの種類の変更、メールアドレスの変更は、下の「配信設定の変更」よりご変更ください。
配信設定の変更

ご登録いただいている個人情報の変更は、下の「個人情報の変更」よりご変更ください。
※ログイン後、画面上部「登録個人情報の確認・変更」をクリックしてください。
個人情報の変更

お役に立ちましたか?