サービス

海外子会社の内部監査

海外子会社の不法行為や不祥事が本社のレピュテーションやブランドを大きく毀損してしまうことがあります。グローバルに連結経営を展開している企業は、コーポレートガバナンスとリスクマネジメントが海外子会社についても有効に機能しているかを、内部監査を通じてモニタリングすることが重要です。

重要性を増している海外子会社の内部監査

近年、グループ企業全体で企業価値を向上させようとする連結経営が重要性を増しています。また、多くの日本企業が国境を超えた地球規模のグループ経営を展開しています。

日本本社からの管理が行き届きにくい海外子会社における損失は巨額となる傾向があるうえ、海外での不法行為や不祥事が本社のレピュテーションやブランドを大きく毀損してしまうことがあります。したがって、グローバルに連結経営を展開している企業は、コーポレートガバナンスとリスクマネジメントが海外子会社についても有効に機能しているかを、内部監査を通じてモニタリングする必要があります。

しかし、海外子会社内部監査に対応できる専門スタッフがいない、日本と法制度や文化習慣が異なる、言語の障壁があるなどの理由により、実際には海外子会社の内部監査がまだ十分に実施できていない日本企業が多いようです。

デロイト トーマツ グループは、世界各地における豊富な内部監査支援実績に基づき、海外のあらゆる地域における内部監査を円滑に支援します。

海外子会社内部監査におけるデロイト トーマツ グループの強み

世界各地における豊富な実績

デロイト トーマツ グループは、これまで様々な業種にわたる日本企業の世界各地における内部監査をサポートしてきました。この豊富な実績と経験を活かし、効果的かつ効率的な支援サービスを提供します。
 

多岐にわたる分野の専門家集団

デロイト トーマツ グループは、業界特有の専門知識を有した各種インダストリーグループを設置しています。また、財務報告や内部統制はもとより、コーポレートガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンス、情報セキュリティなどの多様な内部監査に対応できる専門家を有しています。これにより、内部監査により発見された課題の改善活動に関しても、具体的かつ実践的な助言を提供することが可能です。
 

専門知識を有する多様な内部監査のテーマ
  • 販売、購買、在庫等の業務プロセス
  • IT統制
  • IFRSや各国固有の会計基準
  • 各国における法令
  • 不正防止プログラム
  • 管理会計と業績管理
     
グローバルなプロフェッショナル ネットワーク

デロイト トーマツ グループは、デロイトのメンバーファームとして強固なグローバルネットワークを有しています。これらのネットワークを活用して、世界中に広がるプロフェッショナルの中から、内部監査のミッションを達成するために必要な専門知識と経験を有した人材の活用が可能です。